松下洸平『AERA』表紙に登場、10年間の下積み生活は「数え切れない出会いに支えられた」

芸能総合 公開日:2020/10/16 33
この記事を
クリップ

俳優の松下洸平が、 10月17日(土)発売のAERAの表紙に登場する。 

朝ドラ「スカーレット」の「八さん」でブレークし、コロナ後の恋愛模様を描く連続ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」に出演中の松下。3ページにわたるカラーグラビア&インタビューも含め、蜷川実花が撮影した。




松下は2008年、自作の曲に合わせて絵を描きながら歌う「ペインティング・シンガーソングライター」として活動を始め、その後CDデビュー。ミュージカルや舞台、ドラマにも出演するようになり、19年放送の連続テレビ小説「スカーレット」で主人公の夫・八郎を演じブレークを果たした。以後、舞台やドラマに引っ張りだこで、今年は映画『燃えよ剣』の公開も控えています。


意外にも熱しやすい一面がある松下。 あるミュージカルに出合い「あんな風に歌えたら気持ちいいだろうな」と思った途端、 武道館でのライブを想像して音楽の道を志し、 ミュージカルのオーディションに合格すると、 今度は演技にのめり込む……。10年間の下積み生活は「数え切れない出会いに支えられた」と話し、くじけそうになったときは「助けてくれた先輩たちともう一度共演したい」という思いに引き留められたという。そんな松下は、役作りの方法もユニーク。さらなるブレーク必至の注目俳優へのインタビューが掲載されている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事に関連するコメント

こーみ @koumi3631 10月16日

松下洸平『AERA』表紙に登場、10年間の下積み生活は「数え切れない出会いに支えられた」 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/EG7GpCOErN

関連タグ