堀田茜「CanCam」専属モデル卒業、6年間を目を潤ませ回顧「愛ある現場に感謝」

芸能総合 公開日:2020/10/16 3
この記事を
クリップ

堀田茜が、10月23日発売のCanCam12月号で専属モデルを卒業する。


【写真】堀田茜、“ベール剥がし”に大興奮「快感…」



2014年1月号で本誌初登場、同年5月号では専属モデルとなると同時に表紙も飾るという鮮烈なデビューでスタートを切った堀田。それから6年半で11回の表紙を飾り、ファッション大特集でも毎回登場する名実ともに“CanCamの看板モデル”として活躍。本人の私服企画では度々読者アンケートの「好きなコーディネート」1位を獲得するなど、 誌面で持ち前のセンスの良さも存分に発揮した。


一方でバラエティ番組での活躍も目覚ましい堀田は、 CanCamを始めた頃とバラエティ番組に出始めた頃の苦労をラストインタビューで回顧。 「カメラマンから『大して顔もかわいくないんだから頑張らないとダメだよ』と言われて心がポキっと折れました(笑)」「爪痕を残すことに必死で、 変に芸人さんに噛み付いたことも」と、 本音で語ってくれたインタビューでは、 一見するとわからない彼女のド根性物語を感じることができる。


卒業号のラストシューティングでは、湖に入った神秘的なカットも掲載。湖に入るにあたり少し心配するスタッフに「バラエティ番組の過酷ロケに比べたら全然平気(笑)!」と明るい笑顔で返した。14ページの卒業特集では、他にもラグジュアリーブランドに身を包んだファッション撮影や、1980年代からの歴代CanCamファッションを着こなす企画、仲良しの歌手・chayとスタイリスト丸林広奈氏との対談も。


最後まで美しく、明るく、そしてたくましい堀田茜の魅力を詰め込んだ12月号となっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ