竹内涼真、ルパン三世・次元大介モデルの超レア時計に「緊張しています」

芸能総合 公開日:2020/10/14 6
この記事を
クリップ

LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン株式会社は、本日、銀座・並木通りの新店舗リニューアルオープンを記念して「ゼニス ブティック銀座グランドオープニングセレモニー」を開催。スペシャルゲストとしてアンバサダーに就任した竹内涼真が登場した。


竹内は店内エントランスではテープカットを行い、オープンを一緒にお祝いした。今回、竹内が着用している時計は、世界200本限定で本日銀座店先行発売の、ルパン三世のキャラクターである次元大介とのコラボレーションモデル「クロノマスター リバイバル ルパン三世-セカンドエディション」。「クールなうえにエレガントで、大変貴重な時計を着けさせていただき、緊張しています。ケースが37mmで小さいフェイスと着け心地の良いラダーが好きなポイントです」と感想を語った。

【画像】ほかの画像を見る

トークセッションでは、アンバサダーに決まった時の感想を聞かれると、「父親とブティックを訪れた高校生の時、父親が時計を探していて、初めて入ったお店がゼニスだったため、ゆかりがあります。率直にびっくりしたし嬉しかったです」と父親との想い出を交え、「父親が一番喜んでいると思います」と笑顔で語った。

イベントの最後には、ゼニスの理念である「Time to Reach Your Star(最も高い、あなたの星をつかむために)」にちなみ、「各国の方からインスピレーションを受けて、クリエイティブな仕事を一緒にやっていきたい」と次の最大の夢について語り、本イベントは終了した。

© モンキー・パンチ/TMS・NTV

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ