映画『みをつくし料理帖』松本穂香、指を切りながら挑んだ料理人役

芸能総合 公開日:2020/10/13 1
この記事を
クリップ

10月16日公開される角川春樹最後の監督映画『みをつくし料理帖』で主演の松本穂香が1年ぶりに『週刊FLASH』(光文社)で表紙を飾った。


料理人という役柄から、撮影前にプロの料理人に料理のいろはを学び、練習を重ね挑んだ今作。松本は「実際に劇中で使う包丁で、野菜の切り方や剥き方を教わったんですが、音楽を奏でるようにリズムが大事なんです。包丁を家に持ち帰り、野菜を切る練習をしましたが、大根の桂剥きはかなり苦労しました。今は便利な道具がたくさんありますが、江戸時代に使用していた包丁はとても難しく、均等に切ることがこんなにも大変とは思わなくて。力の入れ方にもコツがあり、何度か指を切るなんてこともありました。茶碗蒸しが劇中に出てくるんですが、出汁をとるのがポイントで鰹節を小刀で削り、昆布と合わせて作るんです。和食って手間がかかっているんだと初めて分かった気がします。母にも私が作った茶碗蒸しを食べてもらいましたが、『食』というのは、作る人、食べる人はもちろん、素材を作ってくれる人がいて、目には見えないけれど、人と人のつながりを改めて感じ、そして感謝をすることを学んだと思います。練習に使った野菜で炒めものを作ったんですが、量が多かったのでなかなか減らずに食べるのも苦労しました(笑)」と、話してくれた。

今回、誌面では「どこか懐かしい、そんな日常の中に」をテーマに撮影に挑んだ。写真家・東京祐氏とはWeb Magazine「人色」以来2度めとなる。

Ⓒ東 京祐


<雑誌情報>

週刊FLASH

10月13日(火)発売 

特別定価480円   

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ