前田亜美「周りが幸せなのが一番」宿命が紡いだこだわりフォトブック

芸能総合 公開日:2020/10/06 17
この記事を
クリップ

<フォトブック、もう一つの主役は「花」>


―今作は“花”が非常に大きな要素として登場しています。表紙で前田さんが持つ黄色い薔薇、花言葉は「友情」。またタイトル……『AMI』は本名から取られたと思いますが、フランス語で「友達」という意味でもあります。これはファンの方への親愛への証なのかなと勝手ながら想像しました。

わ~!スゴイ!!そんな深読みまで!! 実は、花で私の気持ちを伝えたくて、そうした“読み方”が狙いでもあったんです。元々お花が好きで花も主役にしたいなと想い、全てのカットで花が写っていて、写真ごとのテーマに沿った花も、花のスタイリストさんと相談して選んだんですよ 。例えば「家族」がテーマの場面では「母への愛」という花言葉の赤いカーネーションを抱いていたりして。各ページに写っている花と、そこでの私の表情や撮られ方を見ていただき、何を伝えたかったのか読み取ってほしいんですよね。


―また、ページまたぎでシンメトリーの構図が登場するなど、写真の配置も相当計算されていますよね。

前はい。わざと写真の向きを同じにしたりと、そうした配置も気を付けました。例えば後半のページに4コママンガみたいに動いているように見えるようなカットがあるんですよ。最初は1枚だけで見せようと思ったのですが、連続したショットにすれば、より意味を持たせられるなぁって。

2/5ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ