前田亜美「周りが幸せなのが一番」宿命が紡いだこだわりフォトブック

芸能総合 公開日:2020/10/06 16
この記事を
クリップ

AKB48卒業から約4年、現在は女優・モデル・タレントと幅広く活躍する前田亜美が10月7日に1stフォトブック『AMI』(KADOKAWA)を発売する。


今作は衣装選定からエッセイの執筆、すべての写真セレクトに配色や構成など前田自身の全面プロデュースによる製作。また初の下着姿への挑戦から、笑顔のイメージが強い彼女がこれまで見せてこなかった本音を赤裸々に綴るなど、前田曰く「これまでの全ての歩みや想いを込めた」意欲的な一冊になった。


今インタビューでは記念すべき初フォトブックにまつわるエピソードを軸に、11歳で芸能の世界に飛び込み、今年6月で25歳という節目を迎えた前田がこれから歩み新たな道について迫った。


初のフォトブック完成

―初のフォトブック『AMI』、完成したものをご覧になりどんな感想を抱きました?

自分で言いますが、本当に納得がいくものが完成しました! これまで、ファンの方から「写真集、出さないの?」という声をもらう機会が多く、私としてもいつか私だけの作品を出すのが一つの夢であったので、今年25歳という節目を迎えたタイミングで発売できたのは本当に嬉しいですね。オファーをいただき、さらに「前田さんの好きなような内容にしてください」と言われたときは、写真集の作り方も何も知らないから「私に任せて、いいんですか!?」と、不安でドキドキでした。ただ、これはすごく良い機会だと思い、“自分なりの写真集”の出来上がりを想像して、テーマや中身、自分らしさを全部詰め込みました。


―その“自分なりの写真集”像、どんな内容を考えつきました?

私の25年間の全てをこの一冊で表現しようかなと。そうなると、ただ写真を撮って無造作にズラッと並べればいいものではないなぁ~……と思い、ストーリー性を重視した内容にしたいなと思いました。


―ストーリーのある写真集、ですか。

はい。写真一枚一枚を楽しんでいただきつつ、全体を通して読んだ時にまるで一本の映画を観ているかのような作品にしたいなと思ったんです。なので、各ページにある私が書いたエッセイ……「孤独」、「悲しみ」、「愛」、「家族」、「夢」というテーマの文章に合わせて、写真、衣装、背景……と全体を作り上げていったんです。


―文章を軸に写真を作っていくとは面白いですね!

本当に作り方も何も知らない上に初めましての方々に囲まれての撮影だったので、どうすれば私の想いが伝わるのかな?と考えたら、これが一番スッと伝わる気がしたんです。撮影前の打ち合わせでカメラマンさん、衣装さん、花のスタイリストさん、メイクさん、編集担当の方に「こういう想いを込めたので、こう撮りたい」と、共有できたおかげで……なんと言えばいいんだろう?どのカットにも私の想いが込められた作品になりました。私としても撮影中は、テーマに沿った気持ちになって臨んでいたんですよ。例えば、「孤独」がテーマの撮影では、私が幼い頃に感じた当時の“孤独”を思い出しながら撮っていただきました。


―なるほど。前田さん=笑顔のイメージが強かったので、今作のテーマにある「孤独」「悲しみ」といったネガティヴなワード、そして落ち着いたトーンの写真が多く納められていたのには驚きました。

そうですよね、AKB48時代は「全てハッピー♪」という感じでしたからね(笑)。ストーリーの内容はどうする?と考えた時、真っ先にファンの方の顔が思い浮かんだんです。私にとってファンの方は家族のように大事な存在でありながら、これまでは“アイドルの前田亜美”を見ていただきたいと思ってきたため、プライベートや素の私について隠していた部分があって。ただ、自分の中での節目を迎え、大事な人たちが待ってくれていた作品で、また着飾っただけの部分を見せるのは失礼だなと。私の素を見てもらうこと、これまで言えなかったことをちゃんと伝えることが、ファンの方への恩返しになるんじゃないか?と思い、表と裏、全ての前田亜美をこの1冊で表現したかったんですね。

1/5ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ