上白石萌歌、主演舞台で続いたハプニング明かす「必ず鼻血が…」

芸能総合 公開日:2020/10/01 4
この記事を
クリップ

女優の上白石萌歌が30日、アメーバオフィシャルブログを更新。主演を務めた舞台『ゲルニカ』の舞台裏エピソードを明かした。



この日、「秋空またどこで冷える」と題して約5ヶ月ぶりに更新したブログ。上白石は「お久しぶりです。もかです。だんだんと秋めいてまいりましたね」とつづり始めながら、「またまた気がついたら5ヶ月もの間Amebaに出没しておりませんでした。もう、なんというか言い訳がみつからない。笑」とお茶目にコメント。「しょーがないなあってため息&腕組みしてくださって結構です。それが私という人間。。それでもこのページを開いてくれてありがとう。」とアメブロのフォロワーへ感謝を述べた。


続けて、9月4日に開幕し、27日に東京公演を終えた主演舞台『ゲルニカ』について「東京公演の千穐楽を迎えることができました」「全26公演、舞台という大地を踏みしめてお芝居することができたこと、みなさまと沢山の感情を共有できたことを心から幸せに感じます」「幕が上がり、そして下りる。奇跡のような日々でした。何ひとつ当たり前じゃないと再確認させてくれた。ゲルニカの樹が、間違いなく私たちを見守っていてくれていたなあと思います」「体調管理を万全にし、劇場に足を運んでくださったみなさまに、心から感謝申し上げます」と感謝の言葉とともに心境をつづった。


さらに、「ここだけのはなし、劇中のとあるシーンが終わった後必ず鼻血が出ちゃうっていうハプニングが何日か続いたことがあって。笑 」と舞台裏エピソードを明かしながら、「”血”がこの作品のひとつのテーマでもあることもあり、ああ、わたし本当に血を滾らせてるのかもって1人で可笑しくなってました。あっ何日かって、ずっとじゃないのでご安心を!」といい、「びっくりしちゃったけど、でもそれだけ心とからだをフルにして走り続けていたのかなぁなんて思います」と感慨に浸った。


東京公演後、京都、新潟、豊橋、北九州で上演。上白石は「東京で「ゲルニカ」と出会ってくださったみなさま、本当にありがとう!京都、新潟、豊橋、北九州のみなさま、お会いできるのを楽しみにしてます」と呼びかけた。

【写真】舞台写真(公開フォトコール)


また、「工夫と遊び心でいっぱいで、読んでて楽しかった~。胸がじんわり温かくなって、勇気をもらいました」とあるファンレターを紹介しつつ、「その他にもたくさんのお手紙をありがとう。全部読んでます」「SNSで言葉を届けられる中でも、こうして手間をかけて言葉をくれることがすごくすごく嬉しいです」といい、「わたしも、いろんな気持ちを言葉にして伝えていけたら。そして作品を通じて届けられたらな。とりあえずこの場を借りてお礼をしたかった!こころから、ありがとう!!!」と感謝の言葉を送った。


最後は「今朝、久しぶりに「花は揺れる」を聴いて あーー。いまの、この季節にぴったりだなって思い、歌詞の一部をタイトルにしてみた」と明かし、「だんだんと冷えてくるので、風邪をひかないようににねっ」「ドラマ「天使にリクエストを」も、adieu 「楓」も、よろしくね~~」と呼びかけ、「書きたいことが溢れてぐちゃぐちゃになっちゃった!今回はこんなところで。次書くのは年末くらいかな。笑 ではまたねーーーっ」と最後もお茶目にブログを締めくくった。


この投稿にファンからは「ずっと前からファンでしたが、一昨日このブログのフォロアーになりました。いきなりの投稿嬉しい!」「応援しています」「久しぶりの更新嬉しい」「毎日adieu聴いてます」「ゲルニカ東京公演お疲れさまでした!!」「楓、めちゃくちゃ震えました~!」「年末あたりでも年明けでも嬉しいわぁ」「無事に終わってよかったねぇ~」「身体に気をつけてね!」「ブログもいろんなsnsも書きたいときに」など様々なコメントが寄せられている。


▼『ゲルニカ』会見、カーテンコールレポート(舞台写真も!)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)