稲垣吾郎、自らディレクションしたレストランについて語る「夢がこんなに早く叶うなんて」

芸能総合 公開日:2020/09/30 16
この記事を
クリップ

稲垣吾郎が、10月1日(木)発売の『家庭画報 11月号』の別冊付録「今こそ、銀座へ」の表紙に登場する。


【関連】稲垣吾郎、パーソナリティをつとめるラジオに「今、一番会いたい人」が生登場



「いつかはレストランを開きたいという夢があったんです。それがこんなにも早く叶うなんて」と目を輝かせる稲垣吾郎。2019年10月、自らがディレクションした「BISTRO J_O」が銀座にオープンした。「エンターテインメントを生業とする僕たちが手がけるからには、この店もお客さまに喜んでいただける場、そしてちょっとした非日常も感じられる空間にしたかったんです」と語る。別冊付録「今こそ、銀座へ」にて、「BISTRO J_O」の魅力をたっぷりと語っている。


『家庭画報 11月号』は、「四国の魅力」を味わう”と題し『家庭画報』初となる四国を大特集。 ご自宅でも楽しめるよう、 迫力ある写真と動画でのバーチャルツアー(QRコード付き)、 お取り寄せ&レシピで四国の美味を紹介する。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)