『旅色』10月号 松井玲奈、河口湖でアートな秋を満喫

芸能総合 公開日:2020/09/28 7
この記事を
クリップ

ブランジスタメディアは、松井玲奈が表紙・巻頭を飾る、電子雑誌『旅色』2020年10月号を公開した。 


10月号で案内するのは、富士山の裾野に ある河口湖。芸術の秋にふさわしいアートスポットを訪ねる。小説家やエッセイストとしての顔を持つ 松井玲奈が初登場。すてきな宿、お いしいお店など、旅のリサーチは事前にし っかりとして計画は念入りに立てるという松井は旅先での失敗は少ないそう。そんな松井の唯一の旅の失敗、またこれからしたい旅について聞いた。また、松井の旅に欠かせないグッズの紹介は誌面・動画で配信している。 


豊かな自然に恵まれ、富士山の裾野に広がる河口湖。自然の恵みを感じるこのエリアには、アートに触れられるスポットがたくさん。感性が刺激されて心が解き放たれるリフレッシュトリップへ、松井玲奈と出かけよう。山梨県のおみやげの定番、桔梗信玄餅で知られる桔梗屋が運営するカフェで、黒蜜ときなこがマッチする和テイストのソフトクリーム・桔梗信玄ソフト+(ぷらす)を堪能するなど、旅の模様を収録したスペシャルムービーも配信。 


そのほか写真家・浅田政志氏の連載「宿旅」では、山梨県にある「おいしい学校」で童心に帰り、「エリアフィーチャー」ではスイーツと一足早い紅葉、温泉が恋しくなる北海道の十勝帯広を特集。他、 女子旅にもピッタリな、いま人気のドライブ 旅など、季節の移ろいを感じられる旅を提案する。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ