乃木坂46 白石麻衣、光の中に溶けてしまいそうな美しさと透明感

芸能総合 公開日:2020/09/25 6
この記事を
クリップ

『with』11月号(9月28日発売・講談社)では、白石麻衣が4度目のカバーで登場している。


「まいやんのおうち時間」をイメージしてスタイリッシュに撮り下ろした撮影では、 今回もたくさんのコーデを着こなした。 過去に『with』で登場したときには、 オフィスでのシーンが多めだったが、 今回は自宅で過ごす時間が増えた今どきのOL生活を反映して、 よりリラックスしたムードを表現。 


食事をするシーンや、 音楽に合わせてクルクルと舞うシーンといった、 ふとした場面でもつい目が行くのは透明感がありすぎて光の中に溶けてしまいそうな美しさと、 いつもスッと伸びた姿勢の良さ。オフの時もきちんと生活していることが見ている側にも伝わってくるような撮影となりった。

インタビューでは、 乃木坂46の絶対的エースであるばかりでなく女優、 モデル、 とさまざまな形で活躍する白石の「自分を愛するチカラ」の素を、 さまざまな角度からひも解いた。 気負わず、 努力を重ねる姿勢や考え方は、 誠実そのもの。話をききながら、 フォトシューティング中のポージングの美しさをつい重ね、 月並みながら「健全な肉体に健全な精神は宿る」なんて言葉を思い出した編集担当であった。 また、 今回 特別付録としてポストカードと綴じ込みポスターも用意。 ポスター裏には先日発表になった卒業ライブを前に、 あたらしい章に踏み出す白石の今を話したロングインタビューも。

自粛期間中に自分を見つめ直す時間があり、 「辛い時期も、 自分を変えたいなって思ったときもあって。 でも、 乃木坂に入ったことがきっかけで良い意味で変われることが出来たし、 自分の事が好きになれたんですよね」 と語るまいやんは、 これからもきっと輝き、 走り続ける。 



【商品情報】
with 2020年11月号
発売日:9月28日(月) ※首都圏基準
価格:690円

※本記事は掲載時点の情報です。