『M-1グランプリ』ジャニーズ事務所から2組参戦決定

芸能総合 公開日:2020/09/19 20
この記事を
クリップ


――おつゆのお2人がM-1初挑戦を決めた理由は?

越岡:昨年、つ~ゆ~のM-1挑戦を応援しているうちに、だんだん僕らも出たいなと思えてきて。昨年末にふぉ~ゆ~のエンタメショーがあったんですが、つ~ゆ~の2人が舞台袖でネタ合わせをしていまして、その時間を埋めるために、「僕らも即興漫才しようぜ!」となったんです。自分たちのファンの方の前なので、その漫才がウケちゃいまして。それで楽しくなってしまって。

松崎:オールスタンディングで拍手! だったよね。


――「おつゆ」というコンビ名の由来は?

松崎:エンタメショーでやったアドリブ漫才で、「ど~も~!」と舞台に出たときにとっさに出てきたんです。…だよね?

越岡:むこう(福田悠太と辰巳雄大)が「つ~ゆ~」で、僕ら(越岡裕貴と松崎祐介)も、“ゆ~”が2つなんですが、つ~ゆ~にはできない。となると、「お」をつけたらかわいいんじゃないかと。

松崎:ひらがなでね! かわいいしキャッチーだなって…ね!

越岡:ね!って友達としゃべってるんじゃないんだぞ!(笑)

(辰巳:ヤバいぞ福ちゃん。強力なライバルが現れた。)

(福田:いや、ああいうのは実際にステージに立つと全然ダメだから大丈夫よ。)



――つ~ゆ~兄さんから、後輩のおつゆに向けてアドバイスは?

福田:アドバイスは絶対にしないです。

越岡:いやいや兄さん方~。

松崎:一個くださいよ~。

辰巳:伝えたいことならある。会場の楽屋の空気、マジですごいからな。今みたいな感じではいられないから。すぐ横でも後ろでも芸人さんたちがネタ合わせをしていて。トイレでもぶつぶつ練習していたりするし、もうすっっっごいんだから! ずっと綱渡りで歩いてるくらいのピーン!としたドキドキ感。それで自分たちの出番が近づいたら5組くらいの芸人さんと舞台袖で一緒に並んで、その中で僕らも練習して。あの緊張感はジャニーズでもなかなか味わったことがない。

松崎:ロケット鉛筆みたいな感じ? 舞台袖のロケット鉛筆。

越岡:押し出されなきゃ出て行かないけど! まぁこれまでの例えの中では一番よかったよ。


――1回戦に向けてネタの進み具合、手ごたえはどうですか?

福田:僕らは昨年M-1に挑戦した後もネタをやらせていただく機会があったんです。その時に「このままじゃいけない」と思って。今年はいろいろとリニューアルさせたいなと考えてます。これで上に行けなかったら、引退も考えなきゃいけないなと。M-1生命をかけて挑みます。

――おつゆさんは初舞台です。

松崎:そうですね。負け戦にはならないように。

越岡:勝ちに行くってことね。僕は関西人なので関西弁で行こうと思っています。関西弁のツッコミと、このへんてこなキャラクター(の松崎)で。わりとちゃんとした漫才になると思います。

――最後に意気込みを!

福田:ジャニーズ事務所を背負って、優勝したいと思います!

辰巳:でっけぇ! この自粛期間でふだんのように舞台に立てず、人に楽しんでもらうことにすごく飢えている部分があるので、その気持ちを思いっきりぶつけたいです。僕らは「つ~ゆ~」としてジャニーズとして初めてM-1にチャレンジしたという誇りがあるので、昨年の自分たちを越えられるように、そして今年のM-1にふぉ~ゆ~4人でジャニーズ旋風を巻き起こしたいと思っています。

越岡:僕らおつゆはチャレンジャー。失うものがないので、やるからには…せーの!

おつゆ:優勝!

松崎:緊張はすると思いますが、その緊張を楽しみに代えて、今している会話のようにラフな感じで舞台に立てればと思っています。「ジャニーズの『ふぉ~ゆ~』って知ってる? あいつらお笑いすごいんだぜ!」と言ってもらえるような、ふぉ~ゆ~にとってプラスになるものにできればと思っています!

越岡:彼はホントにピュアな男なんです(笑)

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)