本日24歳の誕生日を迎えた横浜流星、胸キュン映像作品に注目

芸能総合 公開日:2020/09/16 32
この記事を
クリップ

俳優の横浜流星が、本日24歳の誕生日を迎えた。

浜辺美波とダブル主演を務める現在放送中のテレビドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)では、SNSで「着物姿が美しい」など注目が集まっており、今年10月には吉高由里子のダブル主演映画『きみの瞳が問いかけている』も公開予定だ。そんな人気沸騰中の横浜流星が出演している映像作品を見どころと共に紹介したい。

【関連】浜辺美波×横浜流星『私たちはどうかしている』怒涛の展開の中、願うのは2人の幸せな未来



『彼氏をローンで買いました』


本作は2018年に配信されたdTVオリジナルドラマ。もし、イケメン彼氏を買えるとしたら、どうしますか?しかも、その彼氏が横浜流星だったら…。そんな女性の妄想が爆発した胸キュン暴発ドラマである。横浜は本作で、主人公・多恵(真野恵里菜)のストレス発散用として購入されるローン彼氏・刹那ジュンを演じている。自分の借金を肩代わりしてもらう代わりにどんな命令でも従順に従う、という役どころだ。

最初はダメ男のジュンだったが、ストレスを抱える多恵と過ごすうちに‟多恵の役に立ちたい“と思うようになり、回を追うごとにジュンの素直さや優しさが次第に見えてくるところがポイント。また、多恵の女王様っぷりと、ジュンに暴言を吐き、八つ当たりするシーンにも注目してみていただきたい。



『劇場版 兄友』


2018年に公開され、横浜流星の映画単独初主演となった作品。横浜は、イケメンなのに女性に奥手な男子高校生の西野壮太を演じる。dTVではドラマ版も配信されているので、それも併せてお楽しみいただきたい。横浜流星演じる壮太は、友人の妹(松風理咲)に恋をするものの、相手の名前も呼べない、手も繋げない、もちろんキスもできないというウブっぷりを発揮。それでも一途に好きな人のために行動するピュアな姿が初々しくてかわいいところが見どころである。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ