黒羽麻璃央 『AERA』表紙に初登場、蜷川実花撮影で美背中披露

芸能総合 公開日:2020/09/04 10
この記事を
クリップ

俳優の黒羽麻璃央が、9月7日発売の『AERA 9月14日号』表紙に初登場する。 撮影は蜷川実花が行い、3ページにわたるグラビア&インタビューが掲載されている。



大人気ミュージカル「テニスの王子様」でデビューし、 「ミュージカル『刀剣乱舞』」や舞台「黒子のバスケ」にも出演するなど、 2.5次元のトップランナーの一人、 黒羽麻璃央。「美背中」で知られる黒羽の魅力を十二分に生かしたアングルで、同誌表紙フォトグラファーの蜷川実花が撮影した。


3ページのカラーグラビア&インタビューでは意外にも、 「2.5次元の仕事が途切れなかったのに抱いた葛藤」について明かしている。「辞めようかな」というところまで思い詰めた黒羽を救ったのは、息子への愛情に満ちたご両親の一言。その言葉のおかげで「本格的に役者でやっていく決心がつきました」と黒羽。努力の末につかんだ「エリザベート」への出演は、 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う上演中止で果たせなかったが、いま、俳優として「体が二つあればいいのに、 と思うことも増えました。 すごく幸せなことだと思っています」とインタビューを締めくくった。


※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ