『愛の不時着』で人気爆発中のヒョンビン、海兵隊生活に密着した写真集が新訳で復刊

芸能総合 公開日:2020/08/17 31
この記事を
クリップ

NETFLIXで配信中の韓国ドラマ「愛の不時着」で北朝鮮の軍人を演じ人気爆発中の俳優・ヒョンビンが、自ら志願して入隊した海兵隊での日々に密着したドキュメンタリー写真集が、朝日新聞出版より新訳で復刊される。カバーの裏面はポスターにもなるリバーシブルカバーを採用。本書は、『ヒョンビン、限界に挑む。――海兵隊入隊ドキュメンタリーBOOK』(イースト・プレス、2014年)の新訳での復刊となる(本書にはDVD付録は付きません)。旧版では未収録の写真も収録した完全版だ。


2010年末から2011年初めにかけてドラマ「シークレット・ガーデン」が大ヒットし、人気が最高潮に達していた時に、最も厳しいといわれる海兵隊を自ら志願し入隊したヒョンビン。本書は、2011年3月7日の入隊から2012年12月6日の除隊までの21カ月の海兵隊生活に密着したドキュメンタリー写真集。


ヒョンビンが海兵隊で過ごした21カ月は、20代を締めくくり30代を迎える時期。自分より若い同期の訓練兵とともに汗を流し、冷たい海に飛び込み、厳しい訓練を耐え抜いた俳優・ヒョンビンが軍人・キム・テピョン(ヒョンビンの本名)となった日々の記録だ。水陸両用装甲車訓練や軍用ゴムボート訓練、射撃訓練、ロープを使って高所から降りるラッペル訓練、市街地戦闘訓練などの写真、同期の訓練兵との交流、修了式の感極まった表情など、ドキュメンタリー写真ならではの写真が満載。


浦項(ポハン)での7週間の新兵訓練と、配属された白翎島(ペンニョンド)での軍隊生活を中心に、21カ月の間、彼が何を学び、何を思い、どんな境地に達したのかを追った一冊となっている。



『ヒョンビン、海兵隊の日々』

キム・ファンギ著

シン・ミシク、ソン・ミンソク撮影

桑畑優香訳

A4判変型144ページ・オールカラー

予価:本体2200円+税

発売日:2020年9月7日(月曜日)

※本記事は掲載時点の情報です。