俳優・前山剛久 “スタイリッシュさ”を全面に、こだわり度が上がった2021年版カレンダー

芸能総合 公開日:2020/08/11 4
この記事を
クリップ

舞台『刀剣乱舞』の鶯丸役、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-の夢野幻太郎役など人気作品に数々出演し、今年は青木豪演出「十二夜」で主演・ヴァイオラを熱演した俳優・前山剛久の2021年版壁掛けカレンダー発売が決定した。



カレンダーが使用される2021年、30歳という節目を迎える前山剛久の洗練された大人の魅力を引き出すことをテーマに掲げ、等身大を映し出すポートレートや、濡れ髪の色香漂うカット、タキシードを身にまとったノーブルな姿、遊び心あふれるレトロなテイストなど、さまざまなイメージで撮影に挑んだ。昨年のカレンダーよりさらにスタイリッシュに、さらにファッショナブルに作り上げた、渾身のポートレートがつまった一冊になっている。


秋頃に発売記念イベントを開催予定。詳細は決定次第、TOKYO NEWS magazine&mookにて発表される。


<前山剛久 コメント>

2年連続でカレンダーを出せることになり、うれしく思っています。今回も、打ち合わせから参加させていただき、30歳を迎える自分をどう表現するか考え、“スタイリッシュさ”を全面に打ち出した撮影をしました。昨年に引き続き写真集のようなボリューム感で、こだわり度も上がっています。写真の質感や色味もおしゃれに仕上がっているので、ぜひ楽しみにしていてください。


■「前山剛久2021カレンダーブック」
発売日:10月5日(月)※一部、発売日が異なる地域がございます
定価:本体2,500円+税
撮影:トヨダリョウ
発売:東京ニュース通信社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)