キスマイ玉森裕太は“残念イケメン”!?名誉挽回を図り横尾渉とゲーム対決

芸能総合 公開日:2020/08/07 4
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。第78話では、「キスマイBET」の反省会が配信された。



「キスマイBET」とは、北山宏光がディーラー役を担当し、他の6人のメンバーがゲームに挑戦する。子どもたちは、ゲームに成功すると思うメンバーにチップをかけて競い合う、という企画だ。


反省会には横尾渉と玉森裕太、そしてディーラー役の北山が登場。北山は、横尾のことを「横尾“様”」と呼び、一方玉森のことは呼び捨てにする。「扱いが違う!」とツッコみを入れる玉森に、北山は「胸元のバッジを見てください」と呼びかける。


メンバーが胸元につけているバッジは、「キスマイBET」のゲームで成功をすると貰えるもの。これまで全16回のゲームが行われ、横尾が8個バッジを獲得している一方で、玉森のバッジの数は3個…。メンバートップの成功率を誇る横尾と、最下位の玉森の2人がこれまでの「キスマイBET」を振り返る。



過去に挑戦した「上履きシュート」では、玉森はサッカー経験者であることをアピールしたにも関わらず失敗してしまう。また肺活量が試される「ロウソク一発吹き消し」では、2時間以上に渡るライブをこなしているキスマイなら大丈夫、と思われたがこの挑戦も玉森はあえなく失敗し、「歌って踊るアイドルなのに大丈夫?」と心配されてしまう始末。

VTRを見終えた玉森は、「異議あり!俺も努力して頑張っている」と主張。しかし「抑え気味にVTRつくったんだけど…」とすかさず反論されてしまい、さらにVTRには続きが…。


VTR後半戦では、前半以上に“玉森てんこ盛り!”の内容となっており、失敗続きの玉森には“残念イケメン”というあだ名をつけられてしまう。

そんな残念イケメン玉森に、今回特別に名誉挽回の機会が…!今回、メンバーの中でゲーム成功率トップの横尾と勝負することに。ゲームに負けた方は恐怖の罰ゲームも待ち受けており、一体玉森は無事挑戦を成功させることが出来るだろうか?


<番組概要>

■タイトル:「キスマイどきどきーん!」

■第78話配信日時:8月7日(金) 正午

■出演:Kis-My-Ft2

■公式サイト:https://bit.ly/2SgFije

■公式Twitter:https://twitter.com/kisdoki_dtv

(C)エイベックス通信放送/ジャニーズ事務所

※本記事は掲載時点の情報です。