“世界遺産マニア”鈴木亮平、前代未聞の“行ってない”妄想旅行記発売

芸能総合 公開日:2020/08/05 4
この記事を
クリップ

世界遺産検定一級を所持する“世界遺産マニア”としても知られる俳優・鈴木亮平が、熱い想いをめぐらせながら自ら絵・挿絵を描き下ろし、妄想爆発で文章も全て書き下ろした前代未聞の<旅行記>が完成。この本を見て読むだけで、世界遺産を旅した気分になれる夢のような1冊。



鈴木亮平の圧巻の絵とオリジナル紀行文が、あなたを未知なる世界遺産旅へと導いてくれる。雑誌『プラスアクト』での連載に新たな挿絵や記述等も加え、計288ページにも及ぶ大ボリュームで堂々完成だ。




<鈴木亮平コメント>

「妄想旅行」そんな自分の秘密の趣味を、こんな形で世に出して良いものなのか……未だによく分かりません。妄想である上に、誰もが知るような有名な世界遺産は出てきません。僕の知る限り、世界で最も風変わりで、最もマニアックな旅行記です。

ですが、図らずも想像だけでしか海外旅行に出られなくなってしまった今、ひょっとするとこの変わった趣味に共感してくださる変わった方々がいるかもしれません。 そんな人の冒険心をちょっとだけ刺激する、小さなインスピレーションになってくれれば幸いです。

■『行った気になる世界遺産』

2020年9月10日(木)発売
鈴木亮平:著
定価:1600円+税




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ