古田愛理「K-1甲子園&K-1カレッジ応援サポーター」初解説で大興奮

芸能総合 公開日:2020/08/03 6
この記事を
クリップ

8月2日(日)東京・新宿FACEにて、ガスワンPresents「K-1甲子園2020~高校生日本一決定トーナメント~」「K-1カレッジ2020~大学生日本一決定トーナメント~」が開催された。


今大会は女子中高生を中心に人気を集めるタレントの古田愛理が「K-1甲子園2020&K-1カレッジ2020応援サポーター」に就任。大会当日は解説席に座り「K-1甲子園2020 PR大使」近藤魁成、「K-1カレッジ2020 PR大使」松本日向と共に高校生・大学生の熱戦を視聴者に届けた。


大会終了後、古田は「格闘技の解説をやるのは初めてで緊張したのですが、とても楽しかったです」と感想を語り「同世代の選手が試合をしているのを見ると刺激を受けますし、試合を見て興奮して楽しかったです」と笑顔を見せる。応援サポーターとしての活動を通して「K-1の試合を間近で見て本当に楽しかったです。これからもK-1の試合を見ていきたいと思います」と話した。


なお今大会の模様はK-1公式YouTubeチャンネルにて配信中で、インターネットテレビ局「ABEMA」では8月26日(水)18:00~20:00に放送予定。古田、近藤、松本のコメント詳細は以下の通り。


松本日向

「試合を解説するのは初めてだったのですが、すごく楽しかったです。いつも僕は自分の試合を見ながらしゃべってるので(笑)、それを解説席で出来て楽しかったです。(大会の感想は?)僕の予想とは違う選手が勝ち上がって盛り上がったと思います。アマチュアはグローブが大きくて防具もあって、KOしづらいのですが、KOも多くて盛り上がりましたよね。色んなところに見どころがあって、めちゃくちゃ熱い試合が多かったです。(出場選手へのメッセージは?)カレッジ王者という肩書はすごく大事だと思っていて、僕もプロでやるつもりはなかったのですが、カレッジ王者の肩書があったから、プロでもいい試合を組んでもらいました。この肩書は大事なものなので、ぜひチャレンジしてほしいです」


古田愛理

「格闘技の解説をやるのは初めてで緊張したのですが、とても楽しかったです。同世代の選手が試合をしているのを見ると刺激を受けますし、試合を見て興奮して楽しかったです。応援サポーターの活動を通して、K-1の試合を間近で見て本当に楽しかったです。これからもK-1の試合を見ていきたいと思います」


近藤魁成

「2年連続で解説をやらせてもらって、去年よりしゃべれたかどうかは自信ないですが(笑)、楽しくやることができました。(大会の感想は?)めっちゃレベルが高いなと思いました。全然プロでやってもお恥ずかしくないレベルだと思いました。(2連覇した大庭龍華は)普段プロでやっている分、他の選手とはレベルが違うなと思いました。(出場選手へのメッセージは?)あれだけすごい試合ができるんやったら、K-1・Krushで戦っても恥ずかしくないと思うので、勇気をもってプロのリングに来てほしいと思います」

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)