バカリズム&朝日奈央 「ふたりは兄弟」 異色のお笑い師弟対談

芸能総合 公開日:2020/07/28 7
この記事を
クリップ

バカリズムと朝日奈央。朝日の「アイドリング!!!」加入から、じつに12年のつき合いとなる2人。フジテレビ系列の同名番組で7年半共演し、朝日はバカリズムからバラエティの基礎を叩き込まれた。グループ卒業後も、バカリズムは「弟のような存在」と語る朝日を気にかけ続けている。強い絆が芽生えた伝説の番組を2人が『週刊FLASH』(7月28日発売・光文社)で振り返っている。


番組終了から丸5年となる今年10月30日に『アイドリング!!!』の復活が決定。それに合わせて行われた今回の対談では、2人が番組への熱い思いを語った。


「あそこまで伸び伸びと好き勝手できた番組は、ほかにないですね」と語るバカリズムに対し、朝日は「私はモデルになりたくて芸能界に入ったから、最初は「何やってんだろう」と思ってましたよ。でも、いつの間にか「どうしたら目立てるか」って考えるようになって」と徐々にバラエティに染まっていったことを告白。そのほか、印象に残っている企画を挙げる際も、懐かしそうに回想しながら話す2人の間には笑いが絶えず、2人の仲の良さがうかがい知れる対談となっている。


Ⓒ野澤亘伸

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)