どこがアドリブ?間宮祥太朗&杉野遥亮の“笑いそうになる”掛け合い

芸能総合 公開日:2020/07/27 4
この記事を
クリップ

花王『アタック ZERO(ゼロ)』を使った洗濯の疑問を解説するWEBムービー「スギノのなんで?」で、間宮祥太朗と杉野遥亮が『アタック ZERO』の布マスク洗いについて紹介する、「スギノのなんで?『布マスク洗い』篇」が、2020年7月27日に公開。


公開されたWEBムービー「スギノのなんで?『布マスク洗い』篇」(90秒)は、洗濯を心から愛している者だけで結成された社会人サークル「#洗濯愛してる会」のメンバーとして、人気若手俳優の間宮祥太朗が陽気で元気なムードメーカー「ショータロー」、杉野遥亮がちょっとドジなみんなの弟分「スギノ」を演じて、『アタック ZERO』なら、布マスクを清潔・洗剤残りがなく、かつ色柄ものも大切に洗えることを紹介するもの。


【画像】CM別カットを見る

今回公開されたものは、CMの中で紹介している『アタック ZERO』の特長からスピンオフして、初めてWEBムービー向けに制作された特別篇となる。クリエーティブディレクターは、au三太郎シリーズなどの人気 TVCMを数多く手掛けている篠原誠氏。『アタック ZERO』が毎日のお洗たくや暮らしを楽しく・ポジティブに変える世界観を、二人の軽快な掛け合いで後押ししている。



<間宮祥太朗&杉野遥亮 コメント>

――今回、『アタック ZERO』「スギノのなんで?『布マスク洗い』篇」に出演してみて、どのように感じましたか?

間宮:スギノのリアクションが素に近いので笑いそうになりました!というか笑いましたが、実際なんで?と聞いて教わらないとわからない事が多いので今思えばそれもそうかと納得がいきました。

杉野:マスクが生活必需品となった今の世の中で、マスクの「汚れ」、「洗剤残り」が明らかに落ちるところを目の当たりにできたのが嬉しかったです。是非色んな方に実践していただきたいと思いました。


――『アタック ZERO』のCMやWEBムービーに出演されて、普段のお洗濯で何か変わったことはありますか?

間宮:今まで一回使いきりのマスクを使ってましたが、それに加えて洗えるマスクも導入して洗ってみました。現場の行き帰りと撮影中でマスク分けてるので消費が抑えられてよかったです。

杉野:洗濯が苦じゃなくなりました。洋服の繊維をみたり、さらに匂いが気になったり、少し男子力がUPした気がします。ワンハンドプッシュが楽しいです。


――WEBムービー撮影時のエピソードについて

間宮:スギノとの撮影に限ったことではないかもしれませんが、アタックのメンバーとああいう会話形式のムービーを撮ると絶対に脱線して尺が長くなります。

杉野:4人の先輩方とアドリブを交えて芝居させていただいてるので、緊張しますが、ワクワクします。基本的に僕は何も分からない体なのですが、先輩達は専門用語が多いのでセリフが大変そうです。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)