兒玉遥×飯窪春菜、元国民的アイドル同士 夢の対談で怖すぎるエピソード

芸能総合 公開日:2020/07/22 4
この記事を
クリップ

e-Storyサービス「peep(ピープ)」を手がける、taskey株式会社は、2020年7月22日(水)に動画とテキストで構成されたシネマコンテンツの第12弾『OWLMAN』(出演:兒玉遥・飯窪春菜・岡延明、脚本:月桜しおり)を公開した。

そしてこの度、元HKT48兒玉遥(小百合役)×元モーニング娘。飯窪春菜(古都美・皐月役) 、女優としてのキャリアをスタートさせた元国民的アイドル同士の夢の対談が、本作の共演で実現。所属していたグループは違えど、なにか通ずるものを感じさせる二人に、撮影終わりの和気藹々とした雰囲気の中でトークをしてもらった。

【画像】対談中の別カットはこちら

兒玉:二人で特別インタビューをしたいと思います!イェーイ!
飯窪:私たち、初対面っていっても初対面じゃないんですよね。
兒玉:そうなんです。歌番組とかで、アイドルたちがコラボする場面があったので、どこかですれ違ったりしてたかもしれないですよね。
飯窪:みんなでパフォーマンスするときには、一緒にいたと思います。
兒玉:じゃあ、実は会ってるんですね!卒業してからこうやってお仕事で会うのは初めてでしたね。
飯窪:そうそう!では、早速質問していきますね。撮影を終えていかがですか?
兒玉:達成感でいっぱいです。こういう、人を怖がらせるホラーの作品は撮ったことがなかったので、自分の中でもすごく演じがいがあったし、楽しかったです。見る人には、すごくドキドキしてほしいなって思います。
飯窪:どんな風に出来上がるか、すごく楽しみですよね。
兒玉:うんうん。確かに!

飯窪:役作りなどはしましたか?
兒玉:とにかく、叫んでるシーンが多いので、叫び声の練習をしたかったんですけど、なかなか練習する場所がなくて大変でした。
飯窪:お家で叫んでたら通報されちゃいますもんね!(笑)
兒玉:そう!だから、枕や水に向かって叫んだりしてました(笑)。
飯窪:水の中で?!
兒玉:ボコボコボコって…(笑)。そしたら音が小さくなるから、いい練習場所だなって思って。
飯窪:ふむふむ。緊迫した場面が多くて、難しい役どころだったと思うんですけど、どのような意識で撮影に取り組まれましたか?
兒玉:撮影現場に入るまではイメージしづらい部分もあったんですけど、その場に行ったら暗い雰囲気のなかに「オウルマン」もいたので、いい意味で雰囲気に飲まれて、しっかり自分の感情を持っていけました。
飯窪:なるほど。印象深いシーンを教えてください。
兒玉:やっぱり、「オウルマン」が登場するシーンですね。



飯窪:私生活で、ゾッとしたエピソードはありますか?
兒玉:AKB48選抜総選挙の時に泊まっていたホテルで、金縛りにあって目が覚めて幽霊を見たことがあるんですよ。
飯窪:うわぁ…、怖い!
兒玉:本当にゾッとしました。多分、総選挙ですごいプレッシャーとストレスだったんだと思います。
飯窪:遥ちゃんの趣味はなんですか?
兒玉:体を動かすことが好きなので、ヨガをしています。
飯窪:そうなんだ。アニメ見たりとかはしないんですか?
兒玉:しないですね。どちらかというと、運動したい派です。
飯窪:意外!会った時の印象が、すごく女の子らしかったからびっくりしました。活発に動くイメージがなくて、可愛いキャラクターが好きそうだなという感じ…!
兒玉:本当ですか?(笑)最近アクティブになりました。
飯窪:「peep」は読んだことはありますか?
兒玉:もちろんあります。『監禁区域レベルX』がめっちゃ面白いです!先が気になるので、これからも読んでいこうと思います。
飯窪:最後に、読者に一言お願いします!
兒玉:今回、シネマコンテンツのホラー作品に出演させていただいています。とてもハラハラドキドキ楽しんでいただけると思いますので、ぜひ皆さんに見てもらいたいです!

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)