元NMB48 内木志、初のフォトブック「私というより背景を見て(笑)」

芸能総合 公開日:2020/07/20 6
この記事を
クリップ

元NMB48の内木志が、 7月19日の“ナイキの日”に『内木志フォトブック「こころの旅~CoCo46n.」』を発売した。 昨年夏にNMB48を卒業後、 俳優として活動中の内木にとって初のフォトブックとなる。 


「ヨロン島特命大使2020」を務める内木が鹿児島県奄美群島最南の与論島の絶景を舞台に、 はじけるような笑顔やプライベートさながらの素の表情、 水着姿で見せるアンニュイな表情など、 22歳(※撮影時)の等身大の素顔を見せており、 読者が彼女と一緒に3泊4日の旅をしている気分を味わえる一冊となっている。


また、 与論島の教師の方が内木のために制作した、 内木志のうた『愛そのまま』&内木志応援ソング『私だけの光』の歌詞がページの随所にちりばめられており、 彼女を応援する方々の愛も込められた内容となっている。


7月19日《ナイキの日》当日には、『こころの旅~CoCo46n.』発売イベントが東京・神保町 書泉グランデで開催された。 昨年8月19日にNMB48を卒業して以来、 ファンとのリアルイベントは初めて。 感染予防を徹底し、 サイン会など約1年ぶりになるファンとの交流を楽しんだ。


8月1日(土)には、 大阪のTSUTAYA EBISUBASHIでも開催。 リアルイベントの購入券は完売、 リモートイベントの購入も残部僅かになっている。


<内木志コメント>

「初めて行った与論島の素敵な場所を巡った4日間の旅が詰まった作品になっていますので、 一緒に旅をしているような気分になっていただけたらうれしいです。 与論島の魅力が詰まった一冊になっていますので、 私というより背景を見ていただきたいですね(笑)。

撮影では、 構えていないふとした瞬間をたくさんカメラに収めていただいて、 中でも島唯一のトンネルの前で自転車に乗っているカットはお気に入りの一枚です。 また、 砂浜で寝転んでいるカットに憧れていたので、 そのシーンを撮っていただけたのはすごくうれしかったです。

今回、 与論島の先生方が私のために歌を作ってくださったのですが、 歌詞に『こころ』というワードがたくさん入っていてすごくうれしかったですし、 その中の『こころのまま』というフレーズが『私のままでいいんだ』と思わせてくれて心にグッときました。

島に滞在した4日間は、 島の皆さんが本当に温かくて、 毎回夜ご飯に連れて行ってくださいました。 お酒を飲む前にその日あったことを一人ずつ話していくという島のならわし『与論献奉(よろんけんぽう)』をやるのがすごく楽しかったです。

このフォトブックで与論島の魅力と私の素の表情を見ていただいて、 ぜひこれを持って与論島に遊びに行っていただけたらなって思います!」



■商品概要

内木志フォトブック「こころの旅~CoCo46n.」
定価/2,500円(本体2,273円+税)
発売/2020年7月19日(日)
撮影/鈴木ゴータ
発行/ABコンサルティング株式会社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ