石川恋、今どき女子あこがれ“恋ボディ”のつくり方公開

芸能総合 公開日:2020/07/18 26
この記事を
クリップ

女優でモデルの石川恋が、自身が専属モデルを務めるファッション誌『CanCam』9月号で、今どき女子あこがれのボディのつくり方を公開した。

健康的でスタイリッシュなボディから、ファッションのみならず水着やエクササイズページを担当してきた石川。読者からは「女子がもっともなりたいボディ」として常に名前が挙がってきた。

『CanCam』9月号では、その支持される理由を次のように紹介している。「ずっと前から、彼女のボディメイクのモットーは“自分ウケ第一”。誰かの価値観に左右されず、“自分の感覚を大事にするコト”がスタンダードになった今、彼女の体は時代の象徴ともいえる――」

グラビアモデルをしていたころは、ネット上で「やせすぎ!少しぽっちゃりしていた方が好き」という声もあったと言う石川。それでも「私はゴツゴツしたタフなボディが好きだったから、自己流でガッツリ鍛えていたんです(笑)」と理想とする引き締まったカラダを目指してきたと言う。その結果、2017年には「カバーガール大賞」を受賞。その後、ファッションモデルへと活躍の場を広げてきた。




CanCamの専属モデルに決まった際も信じたのは自分らしさ。「専属モデルにどういう人たちがいるかは頭で理解していたけど、実際に会ってみたら、みんな圧巻のスタイルなんです!細いことが当たり前の世界で『私の個性を出すには?』って考えたとき、やっぱり筋肉をつけてキレのあるボディが私らしいなって思いました」。そのブレない姿勢に読者も共感。“自己肯定感”を上げたい女子の間で支持を広げた。


実践するトレーニングは、パーソナルトレーナー付きの筋トレや、2日に1回5~7㎞を40分~1時間かけて走るランニング。食生活は腸活、菌活を欠かさず、体内を整えるために毎日2リットルの水を摂るという徹底ぶり。「筋トレは自己肯定感を爆上げしてくれる」と言う石川。そのボディメイクは学ぶところ多し!だ。

【画像】ほかの画像を見る

あなたもこの夏、『CanCam』9月号で自分のカラダが好きになる“恋ボディ”にチャレンジしてみるのはいかが?


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)