横浜流星、赤裸々に語った「いつか誰かにプロポーズをするとしたら?」

芸能総合 公開日:2020/07/06 49
この記事を
クリップ

俳優の横浜流星が、7月6日(月)発売の「TV ガイド dan vol.31」の表紙を飾った。また、同誌の裏表紙には、伊藤健太郎が登場する。


横浜は、今夏放送のドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)で、一見クールで傍若無人な老舗和菓子屋の跡取り息子・椿を演じる。緊急事態宣言により撮影が中断されたが、自粛期間中も台本を読んだり、和菓子作りや所作の練習などをして作品への理解や役作りを深めたという。劇中では序盤に椿がプロポーズをする場面が描かれるが、もしも横浜自身が「いつか誰かにプロポーズをするとしたら?」を赤裸々に語っている。


また、舞台「巌流島」、映画「きみの瞳が問いかけている」など、ドラマ以外にも主演作が増え、ますます活躍の場を広げているが、「今の自分にできることは、作品や役のことを現場にいる誰よりも考えて動くこと」だという座⾧としての在り方、各作品への思いを聞いたほか、杉野遥亮、平野紫耀とビデオ通話をしたというプライベートな話題も。昔から“好きな色”と公言している紫の衣装に身を包んだグラビアも収められている。




そして裏表紙には、大好評のドラマ版を経て、いよいよ7月17日(金)に映画『今日から俺は!!劇場版』の公開を控える伊藤健太郎が登場。「ずっとやっていたいと思うくらい大好きだし、一人の視聴者としても素直に面白いと思える作品」だという本作の見どころを語る。


そのほか、ドラマ『大江戸もののけ物語』(NHK BS プレミアム)で時代劇初挑戦にして主演を務める岡田健史、同作で岡田と共演するほか、ドラマ『56年目の失恋』(NHK BS プレミアム)で時空を超えたラブストーリーに挑む本郷奏多、ドラマ『私たちはどうかしている』で横浜と共演する高杉真宙、ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)でやる気ナシの新入社員役を務める杉野遥亮、特撮ドラマ『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)主演の高橋文哉、ステージクリエイトプロジェクト「円神-エンジン-」から宮里ソル×A.rik×中本大賀×瀧澤翼×山田恭×草地稜之×中林登生×中谷日向×熊澤歩哉など、今、気になる旬の男子たちを完全独占撮り下ろし。



特集番組「もっと知りたい!山田裕貴」(TBSチャンネル1)の放送を控える山田裕貴は、好評連載「山田裕貴の怪人百面相」に加え、撮り下ろしグラビアも。


また、これからの活躍が期待される若手俳優をクローズアップする人気企画では、スーパー戦隊シリーズ『魔進戦隊キラメイジャー」(テレビ朝日系)・キラメイイエロー役の木原瑠生とキラメイブルー役の水石亜飛夢、映画「MOTHER マザー」でデビューを飾った新星・奥平大兼が登場する



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)