後藤真希 歌ってみた動画で16年前のシングルを熱唱、歌声にファン感激

芸能総合 公開日:2020/06/26 22
この記事を
クリップ

 “ゴマキ” こと後藤真希が25日、自身のYouTubeチャンネル『ゴマキとオウキ』にて、動画『【元モーニング娘。本人が歌ってみた】後藤真希のサヨナラのLOVE SONG』を投稿し、 “本人が歌ってみた” を披露した。


ゴマキは今回『サヨナラのLOVE SONG』を熱唱。『サヨナラのLOVE SONG』はゴマキの10枚目のシングルとして2004年に発売され、当時オリコンチャートでは5位に選出されるなど大ヒットソングとして広く知られている。


ゴマキは “本人が歌ってみた” 企画を実施するに至った経緯について「久しぶりすぎるくらいお久な自分の曲の歌唱です!当時の歌い方っぽく歌ってみたよ。子供に何か歌ってと言われ歌ってみたものの、歌っている最中ドタバタと遊び始めて全く聴いてくれませんでした笑」とコメント。


本動画は残念ながら映像は無く音声のみだが、視聴者からは「ごっちんの声質は他にはないんよなぁ…ほんとにいい声。まさかまた歌声を聴ける日がくるとは…最高でした!!」「当時より上手くて素敵です、、他の曲も待ってます!子供の声入っててかわいい(笑)」「真希ちゃんの歌声って、やっぱり心地が良くて癒されますよね。それに聞いていて胸がキュンキュンして涙が自然と出てしまいました。次回はもう少し長めでお願いします。真希ちゃん。」など、ゴマキの久々の歌唱に大量のコメントが寄せられた。また、歌声に紛れて時折聞こえるゴマキの子どもの声にも注目が集まった。


本人も「久しぶり」と語るほどレアな、ゴマキの “本人が歌ってみた” 動画は必見だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ