神木隆之介、Youtube開設で佐藤健がエール「やるからにはアクセル全開で」

芸能総合 公開日:2020/06/19 21
この記事を
クリップ

神木隆之介がYoutubeチャンネル「リュウチューブ」を開設、18日に第1回目の「#1神木、YouTube始めるってよ〜チャンネルアートを作ろう!〜」が配信された。神木のチャンネル開設に、ファンからは「待ってました!」と喜びの声が寄せられている。


同チャンネルでは、都内某所に設けた神木の“秘密基地”から、神木本人が関心を持つ様々なトピックスをテーマに、等身大でナチュラルな姿をお届けするコンテンツを毎週木曜20時に配信していく。



神木のYoutube開設が発表されるとファンからは「嬉しい!!!待ってました」「ありがとうございます!!!!」「神木くんが身近に感じられる」「毎週木曜が楽しみです」「神木くんがYoutubeとか最高」「尊い」と喜びの声が殺到していた。


昨日配信された1回目の冒頭では、神木のプライベートをよく知る佐藤健からお祝いコメントも到着。佐藤は「めちゃくちゃ面白い子なんですけど、素の部分は見せてこなかったような気がする。大分マニアックなことやるんでしょ?神木のそういう部分を隠してたのはブランディングのひとつだと思うんですけど、これからはあえてそういうところを見せていくという…。どうしたの?大幅なプラン変更があったの?」と驚きの表情をみせた。そして最後に「やるからにはアクセル全開でいってほしいですね。普段の神木を見せてほしい」と応援メッセージを送った。


佐藤のコメントを受け、神木は「オタクな部分を隠していこうっていうブランディングだったのか?そこまであまり考えてなかった…」とはにかみ、「タケさんが暴走した神木をみてみたいということだったので、何も気にせず好きなことをしゃべりたいと思います!見ててね、先輩!」と宣言した。


この神木と佐藤のやりとりに、ファンからは「神木くんも健くんも尊い」「健さんとコラボしてほしい!」「健先輩がブランディングを深読みしてるのが面白いw」と反響の声が相次いでいる。


第1回の配信では、チャンネル開設にあたって最低限必要だという“チャンネルアート”をスタッフに教えてもらい、神木自らそのデザインを手掛ける様子が披露されている。


 




引用:神木隆之介公式Youtube「リュウチューブ」より



※本記事は掲載時点の情報です。