神木隆之介 公式YouTubeチャンネルを開設、佐藤健からお祝いコメントも

芸能総合 公開日:2020/06/18 12
この記事を
クリップ

俳優の神木隆之介が、自身初となる公式YouTubeチャンネル「リュウチューブ」を本日6月18日(木)に開設することを発表した。


同チャンネルでは、都内某所に設けた神木の“秘密基地”から、神木本人が関心を持つ様々なトピックスをテーマに、等身大でナチュラルな姿をお届けするコンテンツを配信していく。



本日20時に配信される記念すべき第1回目は、本人念願のチャンネル開設ということで、勢いよくスタートするものの、YouTube初心者の神木は「まず、何からすれば・・・」という状態に。そこでチャンネル開設にあたって最低限必要な、“チャンネルアート”というものをスタッフに教えてもらい、神木自らそのデザインを手掛けることに。


しかし、なかなかイメージが固まらずに、色んな方向へ・・・。悩みに悩みぬいた神木直筆の“チャンネルアート”の出来栄えはいかに? 「こんな事、メディアで言うのは初めてです・・・」という、神木の知られざる一面も披露される。


さらに、公私ともに親しい、同じ事務所の佐藤健からYouTubeチャンネル開設へのお祝いコメントも到着。神木のプライベートを昔からよく知る佐藤は、「今まで隠してきた神木の素の部分を見せるんでしょ?大幅なプラン変更ですか?」と言いつつも、最後には「アクセル全開で、普段の神木を見せていってほしい」と今後の配信にも期待を寄せる内容のコメントが公開される。



第2回目以降の配信も、今まで見せていなかったマニアックな趣味の部分や、様々なことに挑戦する企画、そしてファンの皆さんとのつながりを意識した企画や、ゲストを迎える企画など、多岐に渡ったコンテンツを毎週木曜日20時配信予定。


今回神木隆之介デビュー25周年記念プロジェクトのオリジナルロゴを手掛けたのは、「ロッテ・キシリトール」「明治おいしい牛乳」などのパッケージデザインを担当し、NHK教育テレビ「デザインあ」の総合指導を務めるなど、日本のデザイン界をリードする、グラフィックデザイナーの佐藤卓氏。神木とは2013年の雑誌対談をきっかけに親交を深め、今回は25周年のお祝いの気持ちを込めて特別に描きおろした。


ロゴのテーマは神木の名前から生まれた「神が宿る木」。神木本人の印象にもぴったりの一枚となっている。



佐藤卓氏 コメント

「神が宿る木」 神木は、神の木。神が宿る木です。

この神々しい名前を、優しい印象、そして温かい色を使いマークにしました。

根と幹と枝を「神」がつくっていて、そこに葉が茂り これからどんどん大きくなっていくイメージです。

そしてよく見ると、幸せを運ぶ小鳥が一羽、とまっています。

この小鳥が、神木さんの気持ちを、多くの方に運んでくれます。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ