RADWIMPS・野田洋次郎『AERA』表紙に初登場、コロナ禍で感じたこととは

芸能総合 公開日:2020/06/12 6
この記事を
クリップ

6月15日発売のAERA 6月22日号は、バンド「RADWIMPS」のフロントマンで、俳優としても活躍する野田洋次郎を表紙に起用。3月から5月にかけて、3曲もの新曲を発表。新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、なぜそんなことができたのか―実際に会って尋ねると、ワールドツアーの中止でかなり落ち込み、「どうやってメンタルを保てばいいのかわからなくなってしまった」と意外な答え。インタビューでは、そこから立ち直る過程をつぶさに語っている。


野田が今回のコロナ禍で感じたのは「何が起きても自分の足で歩いていくしかないんだな」ということ。「バンドを始めた頃のようなマインドに戻っている」とも語る。「皆と同じ時代に生きて同じ空気を吸って感じたことを、音楽にし続けていくしかない」という言葉には、ミュージシャンとしての覚悟がにじんでいた。


AERA(アエラ)2020年6月22日号

定価:364円+税

発売日:2020年6月15日(月曜日)

   

※本記事は掲載時点の情報です。