伊藤健太郎、“推しメン”日向坂46 小坂菜緒のウィンク見逃してガッカリ

芸能総合 公開日:2020/06/15 5
この記事を
クリップ

伊藤健太郎と日向坂46が出演する「アキュビュー® オアシス® トランジションズ スマート調光™」(ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー)の新TVCM「日向坂46」篇(15秒・30秒)が6月15日(月)より順次全国で放映される。


今回、日向坂46のライブを舞台にした「日向坂46」篇では、各会場の客席から友人と一緒に熱い声援を送る主人公の伊藤健太郎が、日向坂46の小坂菜緒、自分の“推し”の決定的瞬間に遭遇するストーリーがコミカルな世界観とともに描かれる。


そして、伊藤は“推し”を見逃してしまい、友人は見逃さない。その秘密がギュッと詰まったCMとなっている。一番の見どころは、ふいに目に入ってきた光の影響で、伊藤が“推し”の大事なシーンを惜しくも見逃してしまう場面。


バッチリ目撃して興奮する友人の隣で、ショックを受ける伊藤に対して、“推し”の1人が呼びかけるメッセージと、その直後の伊藤のリアクションに注目だ。


起用の経緯としては、主演の伊藤健太郎は男性からも女性からも愛されるそのキャラクターに加え、“推し”を見逃したくない推す側の人を感情移入させる演技力や表現力の素晴らしさがあること、日向坂46は坂道グループの中で、デビューからの時間が一番短く、ファンの応援度や“推し”としての特別感に期待したとのこと。


<CMストーリー 「日向坂46」篇(30秒)>

盛り上がる日向坂46のライブ会場にて。伊藤と友人が「小坂ちゃーん!」と推しの名前を叫んでいる。「かわいいー!」とテンションの上がる友人に対して、「お前よく見えるな…」と伊藤。どうやら、照明のせいでステージ上の小坂があまりよく見えていないようだ。


ここで画面は2分割の主観映像に。光が調節された状態(友人側)に比べて、通常の状態(伊藤側)は明らかに見えにくい様子。小坂が自分たちの方を見てくれた、とテンションの上がる友人に対し、「ライトきついな、これ」とそれを見逃してしまう伊藤。


さらに、小坂のウィンクを目撃して大興奮する友人だが、それもやはり見逃してしまう伊藤。焦って目を凝らす伊藤をよそに、進んでいく日向坂46のステージ。そこに「スマート調光で、推し見逃すな」というメインメッセージが。さらに「目に入る光の量を自動で調節。はっきりクリアな視界へ」「アキュビュー® スマート調光™」という商品説明が続く。


ラストに、歌い踊っていた小坂がいきなり一人だけ踊りをやめて「まだスマート調光じゃないの?」と、カメラ目線でメッセージ。ライブ中に突然話しかけてきた小坂に、「えっ!?」と驚いてしまう伊藤だった。



<撮影エピソード>

◇初めて体験するユニークなペンライトの使い方に興味津々

推しの小坂を応援するシーンの撮影に当たり、スタッフからペンライトを渡された伊藤。「すごい! 初めて持った!」と、本番前から楽しそうに振り回す場面も。


ここでは、ペンライトを使ったリアルなアイドルの応援にこだわった監督が、ポップカルチャーの専門家に演出を依頼。本番ではその専門家が、ペンライトの振り方から、具体的な応援の仕方、ライブ中の声掛けまで細かく指導を行い、初体験の伊藤も興味津々といった様子で、ユニークな動きや踊り、掛け声をマスターしていた。


◇推しメンバーのウィンクを見逃した伊藤の悲痛な叫び

会場にいる伊藤が、推しメンバーの小坂からウィンクを送られるシーン。監督から「素敵なウィンクを見逃して、とても悔しがっている様子を表現してください」という指示を受けた伊藤は、今にも泣き出しそうな表情を浮かべながら「また、(ウィンク)見逃した!」「ウィンクしてー!」と、ステージに向かって絶叫。


見ているだけで可哀想になるぐらいの悲痛な演技を連発すると、監督も「めっちゃウィンクをほしがっていて、もう一生見られないという感じが出ている」と大喜び。


◇小坂の魅力的なウィンクに視線釘付け!

「日向坂46」篇の見どころの一つである小坂さんのウィンク。元々の振付には、ウィンクのアクションがないため、ベストのタイミングを監督と話し合った上で撮影に臨んだ。


本番前、「ウィンクするのがとても恥ずかしい」と語っていた小坂だが、いざ撮影が始まると、まるで最初から振付にウィンクが組み込まれていたかのように、自然なタイミングでチャーミングなウィンクを連発。その度に会場から大きな歓声が上がった。


◇キレキレのダンスの途中で急にお芝居モードへ!?

ステージで歌っていた小坂が、伊藤に対して「まだスマート調光じゃないの?」と呼びかけるシーン。ここでは監督から「腰に手を当てて、怒っているというポーズを取ってから、セリフを言ってほしい」という指示があった。


ところが、それまで踊っていたキレキレのダンスに急ブレーキをかけ、一瞬にしてお芝居モードに切り替えるのは想像以上に大変。監督から「ここは一番難しいところ。踊りも表情も満点で、本当にあと少しだから頑張りましょう」と励まされながら、懸命にベストショットを追求していた。


◇監督の期待に応える驚きのバリエーション3連発

ラストカットの撮影前、監督から「演技が上手なので、3パターンぐらい、驚く演技のバリエーションを期待しています」と声を掛けられていた伊藤。


その場では「え!?」と目を丸くして、苦笑いを浮かべたものの、本番ではさっそく、驚きのあまり絶句するパターンと、何が起こったか理解できないという感じで目をパチパチするパターンを披露。最後は、小坂の問いかけに、「はい!」と元気良く返事をしてしまうというパターンで締めくくり、監督の期待にきっちりと応えていた。



<日向坂46 インタビュー>

―「アキュビュー® スマート調光™」のCMに出演した感想をお聞かせください。

小坂菜緒:私たちも普段、コンタクトレンズを装用しているメンバーが多いので、出演が決まった時は本当に嬉しかったです。


―「日向坂46」篇のCM撮影はいかがでしたか?

小坂:「ライブ」をテーマにしたCM撮影は初めてでしたし、日向坂46といえば「ライブ」というイメージを持つファンの方々も沢山いらっしゃるので、踊っている最中もみんなが自然と笑顔になっていて、すごく楽しかったです。


――「日向坂46」篇の“推しポイント”をお聞かせください。

東村芽依:菜緒ちゃん(小坂)がウィンクをしているところがポイントだと思います。

小坂:ちょっと恥ずかしかったんですけどね。

金村美玖:菜緒ちゃんはめちゃめちゃ得意だから、見ていて本当に上手だなと思いました。


――このメンバーのココは見逃してほしくない!という“推しポイント”は?

金村:めいめいさん(東村芽依)は最初に見た時、かわいらしい雰囲気の方だなと思われる方が多いと思いますけど、ライブ中は結構バキバキの濃いダンスを踊っていて、表情も印象的なので、そこは見逃してほしくない“推しポイント”だと思います。


――それでは、金村さんのファンが見逃してほしくない、ご自身の“推しポイント”は?

金村:今まであまり言ったことがないんですけど、耳たぶが柔らかくて大きいんですよ。耳自体も大きくて、ちょっとだけ人と違うから推しポイントかなと。すごく伸びるんですよ。そこはぜひ、見逃さないようにしてください(笑)。


――今年、新入生・新社会人になられた皆さんにメッセージをお願いします。

小坂:デビュー当時は、高校生になるときに、ちょうど地元の大阪から上京してきたばかりだったので、慣れないこと、不安なこともいろいろありました。その中で、自分の好きなものを見つけて楽しむというのも、リラックスして頑張れるポイントだと思うので、皆さんもぜひ“推し”を見つけて、頑張ってほしいなと思います。


CM概要

タイトル:「日向坂46」篇(15秒・30秒)

出演:伊藤健太郎、日向坂46

放映開始日:2020年6月15日(月)

放映エリア:全国


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)