石田ゆり子、ファッション哲学と服への愛情がいっぱいのフォトエッセイ発売

芸能総合 公開日:2020/06/11 5
この記事を
クリップ

女優の石田ゆり子が、7月9日(木)にフォトエッセイ『LILYʼS CLOSET』(マガジンハウス)を発売することが決定した。



「石田ゆり子のクローゼットの扉を開けてみたい!」。同書ではそんな企画が実現した。本人のワードローブによる、ファッションに対する愛情いっぱいな書き下ろしエッセイが収められている。


透けるブラウス、ジャンプスーツ、赤い服、ドリス ヴァン ノッテン、大判ストール、黒いバッグオスカリートの下着、美しいヒールの靴、メガネ、シルクの白いブラウス、クリアポーチサイドゴアブーツ、スリップドレス、ソックス、ときには肌を出す服を、セットアップ、デニムライダース、カゴバッグ、チュールスカート、大人の少女アイテム ニット…など、44 アイテムを公開。創作ノートや、パリでのお買い物日誌も披露される。



以下同書より抜粋


――白は色の王様だと思っています。沢山の色がある中で白ほど自分が試される色は無い。

「ホワイトデニム」より


――小さい頃からなぜか「上下つながっている服」が大好きなんです。

「ジャンプスーツ」より



【 書籍概要 】

書籍名 :『LILYʼS CLOSET』(リリーズ クロゼット)

著者 :石田ゆり子

発売日 :2020年7月9日(木)

定価 :本体1,800円(税別)

発行 :株式会社マガジンハウス

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ