シドのマオ(Vo.)が“詩人” デビュー、記念すべき1作目が解禁

芸能総合 公開日:2020/06/01 6
この記事を
クリップ

ロックバンド「シド」のマオ(Vo.)が、クリエイターとユーザをつなぐコンテンツ・プラットフォーム「note」で“詩人”デビューすることが分かった。


長きにわたり「シド」で作詞を担当してきたマオが、「詞」ではなく「詩」としてつむぐ言葉に、彼の新たな魅力を感じざるを得ない。

なお、本日6月1日(月) 18:00にnote内のオフィシャルページ「詩種~utatane~」にて、記念すべき1作目『潤む』が解禁された。ある人は今の世の中を表しているかのような、ある人は自分の状況と重ねるような、この詩を読む人や状況によって様々な表情を見せてくれる今作。必見だ。

「詩」という新たなフィールドで始動する「マオ」から今後も目が離せない。


<マオ コメント>

ここでは日々僕に芽生えた「詩の種」をまいていきます。それを受け取ってくれた読者のみなさんは自分だけの「詩の花」を咲かせて、そして大切に育ててくれたら嬉しいです。
(マオ オフィシャルnote「詩種~utatane~」より抜粋)



▼マオ オフィシャルnote「詩種~utatane~」

https://note.com/mao_official


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ