『ワンピース』×歌舞伎、奇跡のコラボと言われた超話題作が7月に放送

芸能総合 公開日:2020/05/29 6
この記事を
クリップ

WOWOWでは7月4日(土)夜 6 : 00より、国内外で絶大な人気を集める大ヒット漫画『ワンピース』と、次世代を担う歌舞伎俳優のひとり、四代目市川猿之助によるシネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』が融合した傑作舞台をお届けする。


国民的人気漫画と歌舞伎のまさかのコラボレーションに話題騒然となり、大反響を巻き起こした本作。歌舞伎特有の化粧や衣装のアレンジが絶妙にマッチした登場人物たちが、舞台、花道、客席を所狭しと駆け巡り、大量の水が滝のように流れる中での大立ち回りを見せ、2階席、3階席からも手が届きそうな宙乗りや最新のプロジェクションマッピング、ミュージカルさながらのダンスなど、エンターテインメント性あふれる演出で盛り上がりを見せた。

そして『ワンピース』の魅力の一つでもある、仲間との絆を描くドラマもしっかりと盛り込まれ、ワンピースファンも大満足の作品となっている。気になる本公演の物語は、『サバイバルの海 超新星編』最後の『頂上戦争編』。ファンの間でも、涙なくしては読めないと語られる数々の名シーンに注目だ。スペクタクル感満載、小学生から年配の人まで、誰もが楽しめる奇跡の舞台をお見逃しなく。


<ストーリー>

海賊王になるため、“偉大なる航路(グランドライン)”を目指すルフィ(市川猿之助)とその仲間“麦わらの一味”。幾多の冒険を経て、ルフィは名だたる海賊たちが集まるシャボンディ諸島へとたどり着くが、海軍との戦いで、麦わらの一味はバラバラに吹き飛ばされてしまう。吹き飛ばされたルフィは、たどり着いた島で兄エース(福士誠治)の公開処刑の知らせを耳にする。

エースを助けるため海底監獄インペルダウンへ侵入したルフィは、そこでボン・クレー(坂東巳之助)と再会。エース救出のためにともに戦う2人であったが、監獄署長のマゼラン(市川男女蔵)によってルフィは絶体絶命のピンチに…!

さらに、ルフィの侵入を知った海軍の手によって、エースは海軍本部に移送されてしまう。エースを助けようとする白ひげ海賊団とルフィが海軍本部に集結し、いよいよ海賊たちと海軍との頂上戦争が始まろうとしていた…!


■シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース』

7月4日(土)夜 6 : 00~ [WOWOWライブ]
原作:尾田栄一郎
脚本・演出:横内謙介
演出:市川猿之助
主題歌『TETOTE』 楽曲提供:北川悠仁(ゆず)
出演:市川猿之助、市川右團次、坂東巳之助、中村隼人、市川春猿(現 河合雪之丞)、市川弘太郎、坂東竹三郎、市川笑三郎、市川猿弥、市川笑也、市川男女蔵、市川門之助、福士誠治、嘉島典俊、浅野和之

※本記事は掲載時点の情報です。