大倉忠義&成田凌、お互いだからこそ引き出しあえた感情は「全部と言えば全部」

芸能総合 公開日:2020/05/28 9
この記事を
クリップ

5月28日発売の『TVガイドAlpha』最新号「EPISODE EE」(東京ニュース通信社)の表紙を大倉忠義&成田凌が飾った。


写真集のようなビッグサイズの判型が特徴的な『TVガイドAlpha』。アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、2016年11月に「A」から始まった本誌は、「Z」を経て2周目に突入。2度目の「E」となる「EE(ダブルイー)」のカバーには、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』で共演する大倉忠義&成田凌が登場。『TVガイドAlpha』の初表紙をそろって飾ることとなった。

巻頭特集では、センセーショナルに見えて、その根底には人間らしい感情と日常が描かれた本作についてたっぷりとインタビュー。“Emotion=感情”をテーマに、彼らの共鳴し合う感情に迫る。役を演じた際、お互いだからこそ引き出しあえた感情について尋ねると、「全部と言えば全部。元もないことを言うと(笑)、お芝居はその連続だし、現場で向き合って引き出されるものだから」と撮影を振り返った大倉。2人の現場での居住まいも、作品の雰囲気さながらフラットで淡々としており、まるで日常が紡がれているような、自然体な姿と表情をグラビアに収めることができた。映画の世界観や空気、その一端を感じることができる特集となっている。

続いて、『連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~』で主演を務める丸山隆平には、“Entrust=託す、ゆだねる”をテーマにインタビュー。活動歴を重ねてきた今だからこそ分かった“身をゆだねる”ということ、常に場を明るく照らしてくれる彼が考える“託す”とは? 周囲へのやさしさと信頼が感じられる、彼らしい言葉の数々から一転、グラビアでは伏し目や思わずドキッとするようなアップなど、リアルな男の色気を感じるカットが満載。いつもの雰囲気とは一線を画す、俳優・丸山隆平の魅力とたたずまいをぜひご堪能いただきたい。



さらに、グループ結成5周年を迎えたSixTONESも登場。“Extend=広がり”をテーマに、さまざまな方向に広がりを見せるそれぞれの活動について語ってもらった。幅広い分野に広がりを見せながら、その根元はつながっている…そんなグループ愛たっぷりのインタビューとなった。グラビア撮影では、上下水色基調の衣装に松村北斗が「初夏っぽい!」とにこにこに。全員似た色調の衣装と聞いたジェシーは「髙地(優吾)、さわやかになるじゃん」と嬉しそうな顔をし、離れていてもメンバーを思うグループ愛をここでも感じさせた。“エモいSixTONES”満載の情感豊かなグラビアは必見だ。

そのほか、鈴木拡樹、江口拓也がそれぞれ『TVガイドAlpha』に初登場。綾野剛&星野源の現場での姿を収めたドラマ『MIU404』のクランクイン密着レポートや、CDデビュー2周年を迎えたKing & Prince、なにわ男子&Aぇ! group&Lil かんさいが出演するドラマ『年下彼氏』の特集も。山下智久、齊藤工、Twenty★Twentyもクローズアップしている。

■『TVガイドAlpha EPISODE EE』
発売日:5月28日(木)※一部、発売日が異なる地域がございます
定価:本体836円+税
表紙:大倉忠義&成田凌
発行:株式会社東京ニュース通信社


※本記事は掲載時点の情報です。