高橋メアリージュン、松雪泰子からの“愛あるメッセージ”に感謝

芸能総合 公開日:2020/05/12 4
この記事を
クリップ

モデルで女優の高橋メアリージュンが11日、アメーバオフィシャルブログを更新。自身初の著書となる自伝「わたしの『不幸』がひとつ欠けたとして」(KKベストセラーズ、2018年)がリニューアルし、文庫本として発売することを明かした。



この日、「今月、出版します。」と題してブログを更新した高橋は、「約2年前に出版した著者【わたしの不幸がひとつ欠けたとして ~Difficult?yes, Impossible?...No.】が〈2年経った今〉のページを新たに追加し、写真もリニューアルし、文庫本として発売される事になりました!」と報告。「撮影ラッシュで時間が本当に無い中での執筆作業でしたが、自分に負けないで妥協せずに頑張って良かった…と思える宝物が出来上がりました!」と振り返り、「協力して下さった皆様、本当にありがとうございます!」と感謝を述べた。


また、「松雪泰子さんからのメッセージが…!」と本の帯について触れ、「嬉しくて嬉しくて。松雪さんのお陰で更にこの本が愛しくなりました。」とコメントし、松雪へ「愛あるメッセージの花束を添えて頂き本当にありがとうございます。」と感謝の言葉を送った。



最後は「今この時期なので書店は開いていないかと思いますが、amazonで予約、ご購入頂けます!」といい、「2年前に出した時、たくさんの方に買って頂いたのですが「本屋さんにもう無い」という声をよく頂いたので、どうか読みたい人の手に渡りますように」と願いを込め締めくくった。


ブログのハッシュタグにも「#高橋メアリージュン」「#文庫本」「#松雪泰子さん」「#出版」「#わたしの不幸がひとつ欠けたとして」「#DifficultyesImpossibleNo」「#高橋メアリージュン著書」「#本当にありがとうございます」も添えられている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)