菅田将暉「愛」について語り尽くす、最近愛を感じたのは?

芸能総合 公開日:2020/04/27 15
この記事を
クリップ

若手俳優のトップランナーとして走り続ける、菅田将暉が4月27日発売の『CLASSY.』2020年6・7月合併号(光文社)に登場している。


菅田将暉は、中島みゆきの名曲から着想を得た映画『糸』(近日公開予定)に主演、「めぐり逢い」をテーマにした愛の物語に挑む。平成元年に生まれた一人の男性の10年間、さらに初の父親役も演じた菅田に“愛”と“運命”について語ってもらっている。


インタビューでは、“愛と聞いて何を連想する?”“最近愛を感じたのは?”…など、ひたすら愛について質問。ちなみに“愛してやまないもの”は、リーバイスの517だそう。色や素材の違い、加工の違いなど、そのコレクションはマニアの域。


菅田将暉が“愛”について語り尽くす『CLASSY.』2020年6・7月合併号は必読だ。


■『CLASSY.』2020年6・7月合併号

発売:光文社

発売日:4月27日(月)

定価:770円(税込み)

※本記事は掲載時点の情報です。