ファンの熱い思いが結実、Travis Japanがついに『with』登場

芸能総合 公開日:2020/04/25 6
この記事を
クリップ

『with6月号』(講談社)が4月27日発売される。


編集部には日々、 いろんなお便りが届く。 誌面に対する感想や、 掲載されたタレントへの思い、 そして合わせて多く届けられるのが、 まだwithに登場していないタレント達への熱いリコメンドコメント。今回、 登場した Travis Japan に関しては、 これまで本当に多くのお便りを頂いてきたグループ。 それも相当な熱量の!


with編集部とTravis Japanファンとの関係は2018年の11月に発売されたwith1月号「トトトトト」という企画にまで遡る。 この企画では、 気になる年下男子というテーマのもと、 ジャニーズJr.選抜企画において名前に「斗」の漢字が入る5人に登場してもらった。 その中にいたのが、 Travis Japanの宮近海斗と、 松倉海斗の両名だった。 当時、 発売されるや否や大きな反響を呼び、 編集部一同ビックリしたのだが輪をかけて驚いたのは、 それをきっかけに毎月届いたトラジャファンからの熱いお便りだった。 そこには、 「どれほどTravis Japanが素敵か。 アイドル界随一のシンクロダンスの魅力。 そして、 グループとしての完成度。 どのように撮影したら良いかというアイデアまで!」などがイラストや写真と共に綴られていた。


元より注目していたグループな上、 そこに毎月届く熱い思い! withとしても、 以降Travis Japanの魅力を追い続け、 今か今かと、 その掲載タイミングを図ってきた。 そして、 ついに決まった単独アリーナツアー! それに合わせ、 満を持して今月登場となった。 しかしながら……


ファンの気持ちを考えると残念でならない。 気持ちも塞ぎ込むこともあるかもしれない。 でも、 だからこそ、 誌面をご覧いただき、 少しでも明るい気持ちになっていただければと思っている。 それは、 メンバーの前向きな気持ちや強さ、 明るさが思わず、 私たちにシンクロするような企画になっているから! 写真から、 言葉からそれが伝わってくるような気がする。

タイトルのLIFE with GROOVE!に込めた「Travis Japanの楽しいノリとともにある生活を皆様に送ってもらえるように!」という思いをぜひ受け取っていただきたい。


長きに渡るファンとのコミュニケーションを経て形にした企画ということで、 いつも編集しているページとは一味も二味も異なる思いで作られている。 この企画に関しては、 編集部はアンカーにすぎない。 これは、 皆さんの思いが集まり形になったページだ。 ぜひ、 自身の目で、 その仕上がり、 思いの軌跡を確かめていただきたい。


【商品情報】
with 2020年6月号
発売日:4月27日(月) ※首都圏基準
価格:790円(税込)  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)