全裸監督・村西とおる 初CMで“コトバ攻め”炸裂、突拍子もない発言も…

芸能総合 公開日:2020/04/16 15
この記事を
クリップ

スマホアプリの「ことば」で闘う新感覚RPG「共闘ことばRPGコトダマン」(以下、コトダマン)が2周年を迎えるにあたり、村西とおる監督を起用した新WEBCM『2周年ナイスですね』篇が2020年4月15日(水)22時より、2周年の施策に合わせた計3種のWEBCMが2020年4月16日(水)より、コトダマンの公式Twitterアカウントや公式YouTubeチャンネルなどで公開。さらに、今回のWEBCM公開を記念して、村西とおる監督の“コトバ攻め”が炸裂する裏CMを録画した特別VHSが当たるTwitterキャンペーンも実施する。

本CMは、話題のNetflixオリジナル作品『全裸監督』のモデルとなった映像監督・村西とおるのCM初出演作品だ。様々なシチュエーションでコトダマンをプレイするユーザーに対し、「ナイスですね~!」、「ファンタスティック!」、「エクスタシィー!」と、村西お馴染みの“コトバ”でユーザーを攻めるシーンが本CMの最大の見どころとなっている。ノリノリで初CMに挑戦した村西監督が、コトダマン2周年キャンペーンの内容を“村西節”で伝える。巧みな“コトバ攻め”を見せる村西とおる熱演の新CMをお楽しみに。

WEBCMの公開を記念して、CM撮影現場で村西監督が実際にカメラを手にして出演した、最新作となる裏CMを録画した特別VHSをプレゼントするTwitterキャンペーンを実施される。キャンペーンの賞品としてプレゼントされる一発撮りの裏CMは、キャンペーンの当選者5名様のみが見ることのできる貴重な映像となっている。

【写真】村西とおる監督出演「コトダマン」特別VHSの画像はこちら

<撮影エピソード>
◆冒頭から村西節全開!巧みなトーク術と突拍子もない下ネタでスタジオを笑いの渦に!

数々の撮影をされてきた村西とおるだが、自らが主演としてCMに出演するのは今回が初体験。スタジオに入った村西は開口一番に「お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません。昭和最後のエロ事師、村西とおるでございます。」とお馴染みの挨拶を甲高い声で披露。そして、早速女性スタッフに、「あなたは出演されないんですか?お美しすぎるのに!」と軽快な口調で絡みに行くなどして撮影現場を盛り上げる。本番が始まっても、積極的にスタッフや共演者とコミュニケーションを取り、ベテラン監督らしく、和やかな雰囲気をうまく作り出す村西だが、衣装を直すスタッフに対して突然、放送NGなセクシーワードを放つなど、村西節が徐々に顔を出していく。雑談に夢中になりすぎて、スタッフからは「そろそろお願いします……。」と声を掛けられる場面もあり、終始村西の巧みなトーク術と、突拍子もない下ネタ発言により、笑い声が絶えないままCM撮影が進んでいった。

◆「ナイスですね~!」や「ファ~ンタスティック!」圧巻の“コトバ攻め”を披露!監督ならではの一面も。
撮影では村西とおるが様々な“コトバ攻め”を披露。リビングでプレイする女性にカメラを向け「こちらのお嬢さん、なんと10コンボナイスですね~!」と言うセリフでは、セットに入るやいなや女性共演者に「ナイスですね~。大丈夫ですよ~」と声を掛け、共演者の緊張を解いていました。本番ではカメラの角度から、自身の動きまでを細かく確認。「スマホ見てナイスですね~!といったことないですからね。」と出演する側としては慣れない演技に苦戦しつつも、女性共演者に「お嬢さん、お顔を見せて」と声をかけて笑顔を引き出し、「ナイスですね~!」と工夫して演技する場面も見られた。しかし、その姿を絶賛するスタッフに対し、村西は、「本物の『ナイスですね』っていうのはね、●●●●●を見たときにしか言わないからね。日常会話で使わないよ!」と、絶妙な下ネタで切り返し、現場の笑いを一人で攫っていた。別セットの撮影では、「ファンタスティック!」、「エクスタシー!」のと甲高い“コトバ攻め”を何度も練習し、「予行練習が一番良いんじゃないの?」と自画自賛。さらにノリに乗ってきた村西は「あっはっはっはは~」、「悲しい~」とスチール撮影でもオーバーな声を発しながら、次々にポージングを見せる。様々な声を発しながら自身を奮い立たせる姿はまさにエンターテイナーそのもの!サービス精神を常に忘れず振る舞う村西のプロフェッショナルな一面が見られた。

◆撮影終了!最後まで見せた村西節!そして“あの道具”も登場。
CM撮影をすべて終えた村西監督には、花束と大きな拍手が贈られた。「私のような人間は二度と出てこない。今後は私のような絶滅危惧種を使ってビックビジネスで新しい世界を作っていってほしい!」と感謝と激励の言葉をスタッフに掛けると、写真を撮ろうとスタッフを捕まえてパシャリ。気さくにスタッフを呼び込み全員で写真撮影をする際に、おもむろにポケットから取り出したのは“ほら貝”。「行きますよ『プー(ほら貝の音)』」とスタジオを笑いの渦に巻き込み、最後まで村西節全開の撮影となった。

<村西とおる インタビュー>
Q)今回CM起用のお話をお聞きされた時は、どんなお気持ちでしたか?

私の今回の撮影に関する意気込みといたしましては、はっきり申し上げますと、プープープー(ほら貝の音)。最高過ぎます!というような意気込みでございました。

Q)今回は初出演CMということで、普段とは異なりご自身が撮影されるのはいかがでしたか?
いつもカメラで撮影をする側のときは、自分の頭の中で編集をしながらテンションを合わせていって作品を完成させていきますが、今回は私自身が撮影するのではなく、撮影される側で、全てCM監督さまにおまかせだったため、テンションの持って行き方で苦労をいたしました。私なりに目一杯エグらせていただきました。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 15件)