『100日後に死ぬワニ』SNSから生まれ、日本中が注目した超話題作の単行本発売

芸能総合 公開日:2020/04/08 7
この記事を
クリップ

『100日後に死ぬワニ』単行本が発売。SNSから生まれ、日本中が注目した超話題作、ついに登場。


昨年12月12日19時にTwitterに第1話が投稿された時、 著者のきくちゆうき氏のフォロワーは1万ほど。 ところが最終回を投稿した3月20日には200万を突破。 合計1700万を超える「いいね!」を集めるなど、 わずか3か月で日本中の注目を集めた『100日後に死ぬワニ』。


SNSで発表されたワニの100日の人生に加え、「0日目」や「後日譚」、 発表済みエピソードの隙間を埋めるカットなど、 単行本用に28ページを描き下ろし。 オールカラーコミックスとして本日4月8日(水)発売。


いきものがかりによる本作のテーマソング『生きる』を使用し、 ナレーションに花江夏樹を迎えたCMも公開となっている。


『100日後に死ぬワニ』

著・きくちゆうき

4月8日(水)発売

本文136ページ A5変形判

定価:本体1000円+税

発行:小学館


(C)STUDIO KIKUCHI/小学館

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)