キスマイ玉森裕太が“DJ KOO”化!?藤ヶ谷太輔とノリノリで料理

芸能総合 公開日:2020/04/03 12
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、あらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第61話は「キスマイ監き~ん」と「いきなりクイズ」の二本立て。


極限状態に陥った人間がどのような能力を発揮するかをメンバーが体当たりで検証する「キスマイ監き~ん」では、前回に引き続き藤ヶ谷太輔と玉森裕太が自家発電をして“名店のレシピ”を作る。


前回配信で、自転車を漕いで発電をする過酷すぎる状況に玉森の体力が尽きてしまう。早々に限界状態に陥ってしまった2人の前に、強力な助っ人としてDJ KOOが登場。藤ヶ谷、玉森、DJ KOOの挑戦の後半戦が幕を開ける。



3人は2本目のVTRで指示されていたケチャップづくりに取り掛かる。しかし、部屋の電気をつけるための自転車を漕いでいた玉森がギブアップしてしまったため、部屋は真っ暗に。すると、途中参加のDJ KOOがポケットからお助けアイテムのろうそくを取り出し使い始める。貴重なお助けアイテムだったが、DJ KOOが冗談を言っている間にろうそくは消えてしまう。


玉森は自転車を漕ぎすぎるあまり脚が痙攣してしまい「ぴえん」と辛そうな様子。一方でその極限状態の中でもDJ KOOは冗談を言い続け、料理を担当している藤ヶ谷は次第に冗談をスルーし始める。3人は暗闇状態でケチャップを煮詰めていたため、煮詰めすぎてしまい、最終的に残ったケチャップが少なくなり、DJ KOOも「ぴえん」と悲しい表情をして反省をする。


ケチャップ作りが終わり、3人は3本目のVTRをみることに。玉森が料理、DJ KOOが部屋の電気、そして藤ヶ谷がビデオデッキの電力とそれぞれ担当を分け、VTRの視聴を開始する。その中で紹介されたのは、オムライスの名店の調理の様子。3本目のVTRでやっと作っている料理が「オムライス」であることが判明したのであった。


ゴールが見え、先ほど限界状態を迎えた玉森も元気。DJ KOOのテンションに乗っかり、ノリノリ状態で料理をする。


しかし、途中で犯してしまったミスに気付かず、3人には更なる悲劇が待ち受けていた…。果たして無事に料理を完成させ、部屋から脱出できるのだろうか!?

1/2ページ