広瀬アリスがドジっ子OL演じる!? YouTuberなりきり動画が公開

芸能総合 公開日:2020/04/02 8
この記事を
クリップ

2020年4月2日(木)より、WEB動画『広瀬アリスのロペピクチャンネル』が公開される。

動画では、イメージキャラクター・広瀬アリスが、YouTuberになりきり、ロペピクニックのアイテムを身に着け、その魅力と実用性をとある企業のオフィスに潜入し、徹底検証。

「万能コーデはオフィスに完璧にマッチするため、着ているのが広瀬アリスでも気づかれない」「かわいめのコーデはなにかと大目にみてもらえる」「疲れにくいパンプスはスニーカーと勝負できる」という、3 つの仮説の検証結果はいかに!?等身大の広瀬の姿に親近感が感じられる動画になっている。

また、メイキング動画と、広瀬がYouTuber に初挑戦した感想や理想の先輩像などを語る、インタビュー動画も公開。


■WEB動画『広瀬アリスのロペピクチャンネル』詳細

広瀬アリスが正統派のオフィスカジュアルやかわいめのOLをテーマにしたコーディネート、走りやすいパンプスなどを身に着け、とある企業のオフィスに潜入し、本物のYouTuberさながらの熱量で“ガチ検証”に挑戦。オフィスコーデをかっこよく着こなす姿から、ところどころツッコミを入れる様子まで、様々な表情の広瀬を楽しめる動画となっている。

■WEB 動画「広瀬アリスのロペピクチャンネル」 YouTubeURL


さらに、メイキング動画では、広瀬アリスが初挑戦となるYouTuberの演技に少し照れながらも一生懸命取り組む姿や、本物のドッキリ企画に緊張する様子などを収録している。

<メイキング動画 YouTubeURL>


広瀬がYouTuberに初挑戦した感想や理想の先輩像などについて語った、インタビュー動画も公開されている。広瀬の意外な一面が垣間見える、貴重なインタビュー内容となっている。

<インタビュー動画 YouTubeURL>


―YouTuber になってみていかがでしたか?

「『しゃべったなぁ…』って感じでした(笑)。よくYouTubeを見ていると、色々な方がYouTubeやられていて、本当にこんなに、もっともっとしゃべってるんだなぁと…、すごいなと思いました。見ている方が、見ていてどう楽しめるかというのはすごく考えなきゃなと思いましたし、ただただ1人でバーっとしゃべっているだけではなくて、盛り上げるところとか、ちゃんとポイントポイントで、しっかり言うところはしっかり言ったりとか。あと自分で説明しなければならなかったりするので、正直、想像以上に大変でした」

―オフィスカジュアルコーデはいかがでしたか?

「オフィスコーデって、正直カチッとしたスーツのイメージしかなかったので、スカーフを巻いたコーデはちょっとビックリしました。こんな格好もアリなんだと思って。ちょっとゆるくスカーフで遊ぶ感じが、とても女性らしくてイイなと思いました」

―広瀬さんのお仕事コーデは?

「現場は、着いてすぐに衣装に着替えてしまうので、脱ぎやすい服で行ってしまいます、どうしても(笑)。
スニーカーとかで、カジュアルです。もうちょっと、ちゃんと自分も現場でカチッと…、いつもはゆるい格好なんですが、たまに決めて行くのもアリだなと思いました」


―“オッチョコチョイ”を演じるシーンがありましたが、実際の広瀬さんは?

「まったくございません!(笑)なるべくそういうオッチョコチョイなことをしたくない、ちょっとカッコつけたい人なので(笑)」


―人から“オッチョコチョイ”と言われることは?

「あ、よく『食べ物こぼしてるよ』とは言われます(笑)。気づいたら、すっごいレバニラが…ついてたりとか、ありました」


―こぼしたのは衣装に…?

「(小声で)そうです…。本当にスイマセンって感じでした。その時は反省して…。それ以来は、特に…麦茶ぐらいです、こぼしたのは」


―けっこうこぼしてますね…

「ちょくちょく…(笑)。スタイリストさんにお世話になってます(笑)。スイマセン…」


―理想の先輩像は?

「そうですね、…時には厳しくしてくれる(人)。普段優しい先輩でも、時に厳しいことを言ってくれる方が、私は好きですね」


―広瀬さんはどんな先輩?

「いや、私はもう…私みたいなのは、先輩風はいっさい吹かせません。まだ、先輩に甘えていたいなって思います(笑)。後輩とか年下の方がたくさん出てきて、ドキドキしはじめた時期なので。いい先輩でありたいなと思うのですが、まだまだ自分の憧れる先輩像には全然近づけていないので、これから時間をかけて、カッコいい先輩になれたらなと思います」


―動画を見ている新社会人のみなさんへメッセージを!

「社会人というのは多分、学生の時と全然、何もかもが違うかと思います。流れる時間も、空気も違うと思いますし、色々なものに追われることが多くなると思います。失敗しても、全然私はいいと思うんです。失敗がいつか本当に役立つこととか、自分の強みになったりすると思うので、失敗を恐れずにたくさん壁に当たっていただければいいかなと。本当に、色々なことを吸収できる時期が新社会人だと思うので、ぜひみなさん、頑張っていただければと思います!」

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 29件)

関連タグ