THE RAMPAGE 川村壱馬、初のフォトエッセイ発売決定「人生かけて向き合って作った作品」

芸能総合 公開日:2020/03/18 6
この記事を
クリップ

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカリスト川村壱馬が、初フォトエッセイ集『SINCERE』を6月23日に発売することが決定した。





【関連】川村壱馬&吉野北人、“壱北”の愛称で親しまれるその理由に迫る


THE RAMPAGEとは、EXILE TRIBEに所属する16人のダンス&ボーカルグループ。昨年からの全国アリーナツアーも大成功するなど、正に人気急上昇中。川村壱馬はそのセンターのボーカリストを務め、主演映画『HiGH&LOW THE WORST』でも極上の演技を見せた。

ファンから熱狂的な支持を受けながら、これまでグループ活動以外、あまり多くを語ってこなかった彼が、今回、BOOKコンセプトから加わり、自身について深く内面もさらした。

撮影は川村の憧れの地、ロサンゼルス。タイトル『SINCERE』(誠実な、心からの)は、何事にも一途に懸命に取り組む、川村の生きる姿勢を表している。

川村壱馬 コメント
(このフォトエッセイは)人生かけて向き合って作った作品です。表現者としての幅を伝えられたら……、なのでページをめくっていただくと、あれ?違う人?と間違えるぐらい、何人もの登場人物が存在するような感覚になってもらえると思います。イメージにとらわれない、自分のスタイルを感じてもらえれば嬉しいです。エッセイの部分は、仲のいい友達同士だと、僕はああでこうで、とかまどろっこしい説明をしないですよね。だからこの作品でも、俺こうだから!とズバッと伝えるような距離感で作らせてもらいました

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)