キスマイ玉森裕太、女性ファンが減っちゃう!?罰ゲームに赤面「顔をみるのも辛い」

芸能総合 公開日:2020/03/13 23
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、子どもたちとあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。第58話は「レストラン キスマイル」、「22世紀の新・罰ゲーム審議会」の二本立て。




【関連】さすがジャニーズ!キスマイ北山宏光の運動神経に子どもたちも拍手


最初の企画は「レストラン キスマイル」。この企画は、キスマイたちがシェフに扮し、子どもたちを笑顔にすべく大喜利に挑戦。藤ヶ谷太輔はレストランの店長としてMCを担当する。


キスマイたちは、挑戦を前に前回の「レストラン キスマイル」を反省。「難しいね~」「手数が少なかったかな」とそれぞれノースマイルだった原因を分析し、振り返りを行う。前回好調だった千賀健永は「お題がハマりましたね」と成功要因を挙げ「それぞれ得意なテーマを見つけていくのもいいね」とやる気十分な様子。


前回同様、今回も4人の子どもたちが来店。一人の男の子は「釣りが好き」と自己紹介。すると釣り好きの玉森裕太がすかさず「僕も好きですよ」と返すと、男の子からは「師匠と呼ばせていただきます!」と言いわれ、玉森は嬉しそう。


さらに、もう一人の少年も自己紹介で二階堂高嗣のファンであることを告白する。少年は「笑っている時の表情と、髪型の刈り上げ」が好きと打ち明けると、キスマイたちより「近くで見てみなよ!」と二階堂の刈り上げを間近で見せてもらうことに。少年は間近で二階堂の刈り上げをみて「うわぁ!」と感嘆の声をあげ「実際に触ってみなよ!」と促され二階堂の刈り上げを触ると「うさぎよりふわふわでした」と大喜び。二階堂も「僕の刈り上げをおいしく召し上がっていただいて」と照れ臭そうに笑った。


冒頭の和やかな雰囲気を受け、キスマイたちも「これは今回有利かもしれないですね!」と自信あり気な様子で大喜利を開始したが、なかなかそう上手くはいかなかった。


子供たちを笑わせようと果敢にボケを連発するが、前回同様大苦戦。子供たちを笑わせるどころか、メンバー同士で爆笑しあってしまう。見かねた藤ヶ谷が、お題の変更をしたり、子供たちの好みのヒアリングをしたり、ボケのリクエストを受け付けたりと試行錯誤を重ねる。


しかし、企画初の衝撃のラストが待ち受けていた。果たしてキスマイたちの挑戦の結果は一体…!?

1/2ページ