Thinking Dogs新曲、齋藤飛鳥主演ドラマ『映像研には手を出すな!』主題歌に決定

芸能総合 公開日:2020/03/09 4
この記事を
クリップ

Thinking Dogsの新曲『Heavenly ideas』が、4月5日からMBS/TBSの「ドラマイズム」枠にて放送となるドラマ『映像研には手を出すな!』の主題歌に決定した。あわせて、5月13日(水)にニューシングル『Heavenly ideas』をリリースすることが発表となった。




『映像研には手を出すな!』は大童澄瞳が『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載している漫画。“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの姿を描いた作品で、2020年1月からはNHK総合テレビでテレビアニメが放送されている。4月5日より同名ドラマがMBS/TBSの「ドラマイズム」枠にて放送、同名映画が5月15日から公開となるが、齋藤飛鳥(乃木坂46)、山下美月(乃木坂46)、梅澤美波(乃木坂46)が実写版にキャスティングされたことでも話題だ。

9枚目のシングルとなる今作は、ブリティッシュロックの雰囲気が漂う、疾走感溢れるナンバー。『映像研には手を出すな!』のストーリーに基づき、“創造”や“混沌”、“最強の世界”といったコンセプトで制作された。5月13日(水)発売のシングル『Heavenly ideas』の詳細情報は、追って公開となる。

また、シングルの発売を記念して、3月22日(日)18時より、YouTube Liveにてインターネットサイン会が生配信されることも明らかとなった。リミスタのオフィシャルサイトで本作を購入すると、メンバーがオリジナルの特典物にサインを書いてプレゼント。Thinking Dogsとして初の試みとなるインターネットサイン会。詳細は後日発表となる公式ホームページ及びSNSの情報をチェックしよう。


■Thinking Dogs メンバーコメント(Vo.TSUBASA)

主題歌という形で今回「映像研には手を出すな!」に関われた事をとても嬉しく思っています。この作品の中で、自分が経験してきた青春の中の"秘密基地"感のような、誰にも触れられたくない譲れないモノを表現したいと思い、この楽曲を作らせていただきました。「ぶつかった壁を多彩なアイデアで超えていこう」というメッセージがこの作品を通してたくさんの人に伝わればいいなと思っています!


©2020 「映像研」実写映画化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)