さすがジャニーズ!キスマイ北山宏光の運動神経に子どもたちも拍手

芸能総合 公開日:2020/03/06 20
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、子どもたちとあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。

本日配信された第57話は「キスマイ道場破り」と「顔ラップバトル」の二本立て。


最初の企画は、キスマイメンバーがアスリートキッズにガチンコ勝負を挑む「キスマイ道場破り」。北山宏光、千賀健永、横尾渉の3人がバスケットボール対決に挑戦する。




【関連】キスマイ北山宏光と過ごす“大人な休日”…妄想が止まらないカット満載


今回「キスマイ道場破り」では初の団体戦。横尾は3人の中で唯一のバスケットボール経験者。千賀も「形から入るタイプなんで、バスケットボール買いました」と強気だ。北山も「紅白に出ているんですよ!」と3人のチームワークの強さをアピールした。


3人が訪れたのは、小学生から中学生が練習を行っている都内の中学校の体育館。今回キスマイが挑戦するのは、バスケットボールの3×3。オリンピック競技にもなっている種目だが、通常のバスケットボールと得点や攻守のルールが異なる。


勝負の前に、3人は基本的なバスケットボールの動きを練習する。まずはシュート練習に挑戦することになり、最初に千賀が練習をスタートする。千賀は、コントロールはいまいちだが、持ち前のパワーを活かしたシュートを披露する。続く横尾は、シュートは外してしまったが、経験者として綺麗なシュートフォームとコントロールの良さをみせた。そして最後は北山。いきなりシュートを決め、その姿に子どもたちも拍手する。さすがジャニーズ、という運動神経を見せつけた。


練習が終わり、横尾は弱点がない万能型、北山は身のこなしが軽いスピード型、千賀は筋力をいかしたパワー型とそれぞれのタイプを分類。


そして、いざ決戦のときが訪れる。初戦の対戦相手を決めることに。


⇒次ページ:バスケ対決開始!しかし、千賀にパスが回らない…!?


1/2ページ