横浜流星、関西の思い出は無口な父と行った焼き肉屋

芸能総合 公開日:2020/03/01 9
この記事を
クリップ

女優の新木優子と俳優の横浜流星が1日、大阪 阪急うめだ本店にて行われた「ディオール、パリから日本へ」展のメディア向けプレビューに登場した。





【関連】こんな横浜流星みたことない…闇黒の淵をさまよう『シロクロ』新カット解禁


新木はディオール ファッションのジャパン アンバサダーに、横浜はメンズ初の同アンバサダーに就任した。今回のアンバサダー就任について聞かれると新木は「ディオールとは3年のお付き合いなのですが、改めてアンバサダーに就任出来てとても光栄に思います。私生活でもディオールのアンバサダーとして魅力を表現していきたいです」とコメント。横浜も「メンズ初ということが光栄ですし、ディオールが憧れのブランドだったので、とても幸せな気持ちです。今後、多くの人にディオールの魅力を伝えていきたいと思います」と語った。

新木は2018-2019秋冬オートクチュール コレクションから、 サンドピンクのカラーで、すそに向かって広がる美しいシルエットのドレスを纏い、横浜はムッシュ ディオールにとって特別な色であるグレーのカラーで、ディオールが提案する「ニュー テーラリング」を象徴したデザインであるスーツのセットアップを着用、オートクチュールのドレスが並ぶ桜の木の前に登場した。

今回の展示会で新木と横浜によるオーディオガイドも担当しているが、新木は自身の収録よりも一足先に収録を終えた横浜のガイドを聞いて「とても素敵だったので実は少しプレッシャーに感じてしまいました」と裏話を披露した。横浜も音声ガイダンスを担当したことについて「声のお仕事に興味があったので、嬉しかったです。聞いている人に分かりやすく、聞きやすく表現しなければならなかったので少し難しかったですが、とても貴重な機会でした」と語った。

世界初の展覧会が、関西で開催されるにあたって、関西でのエピソードや関西の人に対しての印象を聞いたところ、新木は「関西の方からもらう声援はとてもパワーがあり、SNSでのコメントやショーに来た際に、いつも元気をもらっています。」とコメント。横浜は「空手の大会で関西に来た際に、いつも無口な父が大阪の美味しい焼肉屋さんに連れて行ってくれたことが嬉しくて、印象に残っています」と関西での思い出深いエピソードを披露した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)