主人公は道重さゆみを当て書き!?投稿サイト1位の小説カバーに登場

芸能総合 公開日:2020/02/28 5
この記事を
クリップ

2月21日に発売の大村あつし著『しおんは、ボクにおせっかい』のカバーをモーニング娘。OGの道重さゆみが飾った。



【関連】道重さゆみ、30歳になっても可愛さは日々更新中「常に今がピーク」


本書は小説投稿サイト「NOVEL DAYS」でランキング1位をとった作品。ラブストーリーながら、ヒロインのしおんが放つ数々の名言や、思考をプラス方向に変える「でも幸せノート」などの内容に「人生の不安が取り除かれた」「人生を前向きに変えたくなった」という感想が寄せられている。

著者の大村あつしは、純愛と自己啓発をミックスさせた『エブリ リトル シング』で2007年に20万部のベストセラーを記録しており、同作はその後、2008年には井上和香、2009年には内山理名の主演で2回、舞台化をされている。

今回、カバーに道重を起用した理由は、著者が本書のヒロインを道重に仮託して執筆したことによるもの。2018年に道重さんによるツアー「SAYUMINGLANDOLL」のニュースを見て、すぐにインスタグラムで道重さんをフォローして以来、「毎日道重さんの写真を見ているうちに、しおんは、道重さゆみさんだ!」という思いに駆られたと語る。

以降は、しおんを道重さんに仮託して執筆開始。しおんのセリフも、「こんな場面では道重さんならきっとこう言うだろう」と当て書きをして、2019年夏に『しおんは、ボクにおせっかい』を完成させた。


『しおんは、ボクにおせっかい』
著:大村 あつし
定価(本体1,300円+税)
発売日:2020年02月21日


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)