新成人・上白石萌歌、女優業に活きるキャンパスライフ「普通の感覚が新鮮」

芸能総合 公開日:2020/02/28 29
この記事を
クリップ


写真集『まばたき』では自身初の台湾ロケ。「台湾には都会っぽいところもあれば、海や観光地もあり、人の生活の営みが剥き出しのような場所もある。人や街の歴史も感じることができるので、自分自身も色々な表情が出せるのではないかと思いました」と渡航理由を説明し「一度は行ってみたい場所だったので、嬉しかったし、旅行をしているような感覚ですごく楽しめました」と充実ぶりをアピールする。

人気の台湾グルメも堪能。「一番美味しかったのは、屋台でいただいた1個70円くらいの肉まん。これでもかっ!というくらいにお肉が入っていて、肉汁も凄かった」とローカルフードに大感動。スイーツも魅力的で「豆花(トウファ)は日本で、より流行るのではないかと思います。トッピングも色々なものと合うし、黒ゴマ、キナコなど和テイストもとても美味しい」とタピオカに次ぐブレイクを予言する。



写真集発売と同時に20歳になる。姉で女優の上白石萌音からは早くもお酒の誘いあり。「姉は“20歳になったら一緒に飲もうね”と言ってくれているし、舞台『お勢、断行』の初日が誕生日なので人生初のお酒で初日乾杯ができるのが待ち遠しいです」と期待に胸を膨らませている。

大人の自覚も生まれている。「10代はありがたく頂いたお仕事をこなしていくことに精一杯でしたが、20代は余裕を持って主張していけるようになりたい。目標も口にして、こだわりを持っていけたら」と襟を正し「大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』でオリンピック選手を演じさせてもらったご縁もあるので、どんな形でもいいので東京五輪に関わることができたら嬉しいです」と微笑む。二十歳の年を満足する1年にするために―。



ヘアメイク:冨永朋子(アルール)
スタイリスト:道端亜未 

文・写真:石井隼人


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)