DAIGO 実の両親と初共演、親子揃って「うぃっしゅ」ポーズを披露

芸能総合 公開日:2020/02/27 22
この記事を
クリップ

──撮影を終えての感想を教えてください。
「すごく良いCMができたなって思いますね。今まで撮ったことがないようなCMが撮れましたし、本当に思い出になるCMになりました」

──ご両親とのCM共演はいかがでしたか?
「41年の人生の中で初めてだったので、親子CM共演っていうのはね。だからちょっと恥ずかしい部分もありましたけど、楽しく良い思い出になりました。ただ実際にはパパ・ママって俺呼んだことがないので、ちょっとそこが入り込むのが時間かかりましたけど。(笑)」

──PMOのDAI語は、すっと降りてくるものですか?
「すっとね、やっぱり降りてきましたね。PMOっていうのが僕の中で本当になじんで、他で言うとパパイヤ・マンゴー・オレンジとかね、そういうのもPMOになるし。どんどん生み出せちゃう。そんな組み合わせだなと思います。」

──PMOとはプロジェクトを成功に導くサービスですが、何かプロジェクトで失敗したことはありますか?
「DAIGO☆STARDUSTという(芸名で)ソロデビューをしたんですけど、それが星から舞い降りたロック王子という設定でデビューして、変なコンセプトによってすぐポシャっちゃって。あと、そもそもバンド活動でバンド名が「JZEIL(ジェイル)」っていう。直訳すると「監獄」みたいな。総理大臣の孫が「監獄」っていうバンド名…全然ピンとこないよね。失敗だらけですよ。だけど失敗から成功が生まれるから、人っていうのは。後悔とか失敗があるからこそ次に進めるってありますね」

──2020年のDAIGOさんをPMOで表すと何ですか?
「そうだなぁ…自分のことをPMOで表すとすると、そうだなー、「ピュアで・真面目な・男」。(笑)」

──最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。
「今回ですね、新しいCMとして、本当に見応えがある、でもちょっと気になるような面白いCMができましたので、是非皆さん見て頂いて色々感じて頂ければと思います。ということでDAIGOでした」



2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ