池田エライザ・杉野遥亮ら、スニーカーベストドレッサー賞受賞「すごく救われております」

芸能総合 公開日:2020/02/20 8
この記事を
クリップ

過去1年間を通じて「スニーカーが似合う」「今後スニーカーを履いて欲しい」「スニーカーの需要喚起に貢献してくれた」人物を各部門賞ごとに選出し表彰する「スニーカーベストドレッサー賞 2020 授賞式」が20日、都内にて開催。女優部門を受賞した池田エライザ、俳優部門を受賞した杉野遥亮らが登壇した。


池田は「素直にビックリしました。本当に素敵な賞をいただけてうれしいです」と歓喜。「元々インドアだった私が、スニーカーという自分をアクティブにしてくれる頼もしい存在のおかげで、いろんなところに出掛けることができるようになって、すごく救われております」とスニーカーへの想いを語った。




池田は、この日履いていたスニーカー「ルコックスポルティフ」のブランドアンバサダーも務めている。「スニーカーといえばアクティブウェア、スポーツウェア、ストリートというイメージがあるかもしれませんが、今日の自分のテーマというか、着たい服に気兼ねなく合わせられるようにいろんな提案ができるように頑張っております。これだと捉われずに、自由に楽しむことが大事なんじゃないかなと思います」とスニーカーの楽しみ方を伝えていた。


また杉野は「普段は、夏はサンダルとか冬はカカトが出て歩きやすい靴を選びがちだったんですけれど、今回このような賞をいただいて、再度スニーカーの良さを発見しました」とコメント。タレント部門を受賞した鈴木奈々は「私はバラエティタレントもやってるので、いつドッキリがあって落とし穴に落ちるかわからないのでスニーカーだとすごく安心できます。これからもスニーカーを履いて、身体を張っていきたいと思います」と笑いを誘った。


さらに2018年、2019年に続き、3度目の受賞となったレイザーラモンRGは、今回の特別賞受賞を持って殿堂入り。「1年前からスケジュールを空けていました」と余裕の表情を浮かべていた。


受賞者一覧は以下の通り。


【女優部門】池田エライザ

【俳優部門】杉野遥亮

【モデル部門】emma

【タレント部門】鈴木奈々

【芸人部門】アントニー(マテンロウ)

【アーティスト部門】YURINO(E-girls/Happiness)

【SNS部門】ミチ、よしあき

【特別賞】レイザーラモンRG

この記事の画像一覧 (全 67件)