中山美穂、デビュー35周年振り返り、ダウンタウン浜田から教えてもらったこと明かす

芸能総合 公開日:2020/02/20 3
この記事を
クリップ

文化放送は、2月22日(土)午後6時00分より、中山美穂のデビュー35周年を記念した特別番組『中山美穂 “Neuf Neuf”ラジオ~中山美穂35年の軌跡~』を放送。




この特番は、今年35周年の節目を迎える中山美穂の軌跡を辿るスペシャルプログラム。デビュー当時に文化放送の番組企画(※)で交換日記を行うなどしていた、彼女をよく知る人物・吉田照美をパートナーに迎え、年代ごとの中山美穂を当時のエピソードやヒットナンバーと共に振り返りる。

このたび行われた収録では、1994年に主演したドラマ『もしも願いが叶うなら』の話題になると、「無茶苦茶楽しかったです。特に浜田(雅功)さんがお笑いのツボを教えてくださって、演じることが楽しくて楽しくて。今でもこのドラマのメンバーとはごはんを食べたりと、つながりがあります」と交流が続いていること、さらにこのドラマでの出会いが今回のニューアルバム『Neuf Neuf』誕生の大きな要因にもなっていることを明かした。当時共演した浜崎貴司より、一昨年に対バン形式ライブへのゲスト出演オファーを受け、「バンドでの出演なので自分で楽器が弾けなきゃいけないんです。だから『やりたいけど、(楽器が)できない…』とものすごく葛藤して。でも、ここでやらなかったら二度とチャンスはないと思い、『やる!』って言ってギターを買いに行きました。(中略)そのライブハウスにレコード会社の方が観にきてくださっていて、そこからアルバム製作の話が始まって。だから浜崎さんには本当に感謝しています」と語った。


そして迎えたエンディングで、吉田照美から特番だけで終わらず『美穂と吉田照美の“Neuf Neuf”ラジオ』としてレギュラー番組化してはどうかと水を向けられると、「じゃあ、Neuf には『9』という意味もあるので、9時台でお願いします(笑)」と笑顔を見せ締めくくった。

番組ではこのほか、多忙を極めたアイドル時代に僅かな空き時間で行っていたことの話や、吉田照美と個人的に連絡を取り合うようになったきっかけ、そして好きな声の芸能人など、表舞台ではなかなか語られることのないエピソードが明かされるなど、ファン必聴の1時間となっている。

※『中山美穂のまんまるキューピッド』(85年10月~87年3月)は、吉田照美による平日夜の生ワイド番組『新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな』内で放送


『文化放送サタデープレミアム 中山美穂 “Neuf Neuf”ラジオ~中山美穂35年の軌跡~』

2月22日(土)午後6時00分~6時57分

■パーソナリティ: 中山美穂   

■パートナー: 吉田照美



この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ